NCC女性委員会のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

NCC女性委員会は、現在プロテスタントの9つの教派と4つの団体で構成されています。委員会では情報交換や討議を行い、エキュメニカル運動を進めています。

<活動目標>
 構成メンバ-の交わりを通して相互の理解を深め、働きや目的を分かち合う。
 女性や子どもたちの尊厳を損なっている状況について、共にその回復のために働く。
 和解と平和の活動に、世界の女性と連帯する。

<具体的な働き>
 「世界祈祷日」の日本における責任団体として、世界共通の礼拝式文と関連資料を翻訳・編集し、全国配布します。また、各地での祈祷日開催の呼びかけと支援を行います。
 日本軍強制「慰安婦」問題をはじめ、女性の視点で戦争の記憶を次世代へ語り継ぐと共に、「戦時性暴力問題連絡協議会」の加盟団体となり、日本軍強制「慰安婦」問題に対して、日本政府の謝罪と賠償を求めるための行動を行っています。集会やロビー活動に参加するほか、委員会として独自に活動を行っています。
 女性委員会では、すべての命をいとおしむ心を取り戻そうと、独自のフォーラムを開催しました。また、<女性の視点で聖書を読む>というテーマで、フォーラムを開催し、今後も継続していきます。
 韓国NCC女性委員会と協働で、東北アジアの平和のための、「日本・在日コリアン・韓国NCC女性委員会連帯・交流会議」を1996年より隔年で開催してきました。2020年は、秋に大阪での開催に向けて準備を進めています。

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2020 All Rights Reserved.