日本聖公会のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

聖公会はカンタベリー大主教を一致のシンボルとして、世界165以上の国と地域に39の教会共同体(管区)があり、数千万人の信徒が信仰生活を営ん でいます。今年で宣教160周年を迎えた日本聖公会(にっぽんせいこうかい)はその中の一つの管区として全国に11の教区を形成し、約5万人の信徒が主教・司祭・執事と共にその使命を担い、福音宣教の働きに参与しています。「聖書・伝統・理性」を重んじ、あらゆる絶対主義を否定し、解釈し続ける共同体というアイデンティティーを持っています。
全聖公会(アングリカン・コミュニオン)は宣教の指標を以下の5つに定め ています。

① 神の国のよき知らせを宣言すること
② 新しい信徒を教え、洗礼を授け、養うこと
③ 愛の奉仕によって人びとの必要に応答すること
④ 社会の不正な構造を改革し、あらゆる暴力に反対し、平和と和解を追及すること
⑤ 被造物の本来の姿を守り、地球上の生命を維持・再生するため努力す ること

その他の活動などについては、日本聖公会管区事務所ホームページをご覧ください。
神さまに与えられたすべての「いのち」を保全し、互いに尊ぶ平和な社会の実現に向けて私たちの賜物が用いられますように。そして、すべての困難な状況にある方々と共に歩む教会として、一人一人の祈りと行動が導かれますように。

日本聖公会管区事務所ホームページ http://www.nskk.org /

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2020 All Rights Reserved.