日本盲人キリスト教伝道協議会のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

明治以降、日本の視覚障がい者は聖書によって勇気と希望を与えられ、クリスチャンとして立ち上がり、視覚障がい者福祉の先駆者として活躍してきました。第二次世界大戦後、ヘレン・ケラーが来日したことをきっかけにして、それらの視覚障がい信徒を中心にNCCと日本基督教団が協力して、盲伝(日本盲人キリスト教伝道協議会)が生まれました。1951年の創立以来60年余り、教派を超えて多くの人びとに支えられ、超教派の総合的な視覚障がい者伝道団体としての歩みを続けています。
点字月刊誌「信仰」が創刊100周年を迎えています。障がい者の存在が疎んじられた戦中にあっても休むことなく発刊されました。次の100年は平和のうちに発行し続けることができますように祈っています。
盲伝の活動は、視覚障がい信徒と手を携えて伝道に励み、諸教会の宣教に奉仕するものです。視覚障がい信徒の信仰生活、教会生活の支援、教会の障がい者理解の促進、アジアの視覚障がい者への支援、交流などを行っています。盲伝の働きがさらに多くの教会に理解され、より充実した活動ができますように、共に祈り、お支えください。

ホームページ http://www5e.biglobe.ne.jp/~moden/

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2020 All Rights Reserved.