日本基督教団のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

日本基督教団は、1941年に30余派の教派が合同して成立した教会です。さま ざまな教派の歴史的特質を受け継ぎながら、1,700あまりの教会・伝道所が属 しています。今年で78年を迎えます。
少子高齢化の時代となり、教会の伝道力と教勢が弱まっています。しかし、「伝道推進室」や「伝道対策検討委員会」を設置して、「伝道力の命の回復」 を標語に、「祈ろう」「献げよう」「伝えよう」の三つを基本線にして取り組 んでいます。
2016年4月14日・16日に発生した熊本・大分地震で被災した教会のために 「被災教会会堂等再建支援委員会」を立ち上げて、教会再建と地域の復興に尽 力しています。また2018年6月~9月に発生した大阪北部地震、西日本豪雨、台 風21号、北海道胆振東部地震災害のために「救援対策委員会」を立ち上げ、社 会委員会による「西日本豪雨緊急救援募金」を行い、教会再建と地域の復興に 尽力しています。
「ユースミッション」「中高生大会」「青年大会」など若い世代に向けたプ ログラムを企画して、「福音伝道の回復」を願っています。 日本を代表するプロテスタントの合同教会である責務をおぼえて、これからもこの国の宣教に仕えることを祈っています。

ホームページ http://uccj.org/

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2019 All Rights Reserved.