基督教イースト・エイジャ・ミッション のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

1.教団・団体の解説
当法人の歴史は1884年に遡ります。ドイツとスイス両教会によって東亜伝道会(OAM)が結成され、日本宣教の一つに選ばれたのが富坂でした。

① 富坂キリスト教センターは、キリスト教社会倫理の学際共同研究とエキュメニカルな研修会を柱に、過去の反省に基づき、教会の福音宣教に協 力しつつ歩んでいます。
② 山上国際学寮は、Unity and DiversityとLife for Tomorrow の理念のもと、2009年4月に開設されました。国際交流を平和運動と位置付け、国 内外の研究員・学生が共に生活し、成長することを目指しています。
③ 京都宗教学際研究所は、ドイツEMSとNCC宗教研究所の諸宗教間対話プログラムに賛同協力し、豊かな人的国際交流の具体化とともに諸宗教間対話の実質化を目指しています。
④ 富坂子どもの家では、モンテッソーリ教育法に基づいた教具教材を活用することで、発達面に様ざまな特性をもつ子どもたちの感覚の洗練、秩 序感の形成、精神の集中等の成長の要素が得られるようにと願っていま す。
⑤ 富坂まきば保育園は、2017年4月にスタートしました。富坂子どもの家とあわせ今後100名近い乳幼児が毎日通ってきます。地域に仕えつつ、 幼い子どもたちの豊かな成長を支援していきたいと思います。

2.祈りの課題
今後も東アジアの非核平和、和解の実現と友情の充実のために共に祈り、仕えることができますように。 センター研究・研修活動はじめ、各事業の働きのために今後もお祈りとご支援をよろしくお願いいたします。

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2020 All Rights Reserved.