ドイツ語福音教会のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

2018年11月で創立133周年。当時のドイツの宣教局派遣宣教師(スイス人) により東京築地でドイツ語礼拝が始められ、関東大震災と第2次世界大戦で二 度会堂を焼失。現在の教会は五反田。会員は約100家族で主にドイツ、スイス、 オーストリア出身者だが、日本人の御連れ合いや彼らとの子ども達、ドイツ語 圏にゆかりのある日本人の会員もいる。自給の自由教会だが、ドイツ福音教会 連盟(EKD)から牧師候補者の公募や紹介や海外担当幹事の訪問等の協力を得 て、運営。
ドイツ語圏教会関係委員会に委員を送り、奨学金応募者の第一選考も共に担 う。このところ牧師の離任式と就任式にはドイツ語圏教会委員会委員長が協力 しているが、2018年度の就任式にはNCC総幹事も加わりますます協力関係 が進む。ドイツ語福音教会の働きを覚え、日本の諸教会との交わりもさらに進 むよう、祈りにお加えください。

ホームページ http://www.kreuzkirche-tokyo.jp/

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2019 All Rights Reserved.