日本友和会(JFOR)のために

投稿日:12月 21, 2018 更新日:

当会は1926年、国際友和会(IFOR)の日本支部として設立された非暴力平和団体です。2019年3月をもって93年の歴史を機材ました。
当会は、キリストの精神である若いと非暴力によって国内外の平和実現を目指す活動を行っています。
現在の日本の姿を見ると、集団的自衛権行使を容認し、自衛隊が武装して海外に出ていき、同渓谷と一体となって先頭に加わる仕組み(安全保障関連法)を作ってしまいました。現政権はそれを正当化するためにいよいよ憲法第9条そのものを戦争のできる条項に変えようとしています。沖縄においては辺野古に新軍事基地を作るため、あの美しい海が土砂で埋め立てられつつあります。原発の再稼働も進められています。

このような事態に対し、倭t櫛たちは以下の祈りの課題をもって歩みを進めています。
1.世界に誇る日本の憲法第9条を戦争のできる条項に変えることに反対し、これを守り抜く。
2.沖縄・辺野古の新軍事基地建設に反対し、非暴力で阻止する。
3.ノーベル平和賞団体ICAN の呼びかける核兵器禁止条約を批准し、国内においては原発の再稼働に反対する。
4.国際間、民族間、宗教間の紛争、テロ発生の原因となる貧困や差別、偏狭な民族主義による分断を回避し、人の命を大切にする基本精神に立ち返り、紛争解決には武力でなく話し合いによる和解の道を模索する。

ホームページ: http://jfor.a.la9.jp/

-

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2020 All Rights Reserved.