エキュメニカルカレンダー

1
2
3
4
5
6
世界聖餐日を覚えて
世界聖餐日を覚えて
10月 6 全日
世界聖餐日は、1946 年に、WCC の前身である世界基督教連合会の呼びかけ によって始められました。第二次世界大戦の深い傷跡の後、世界中の教会が聖 餐を通してキリストにある交わりを確かめ、全教会の一致を求めて制定されま した。
7
8
9
10
11
12
13
ACT Alliance(アクトアライアンス)の人道支援活動を覚えて
ACT Alliance(アクトアライアンス)の人道支援活動を覚えて
10月 13 全日
アクト・アライアンスは、スイス・ジュネーヴに本部を置く、プロテスタン ト、カトリック、正教会等の教会・団体が加盟するエキュメニカルな国際援助 連盟です。加盟教会・団体は、自然災害や紛争による被災者に対し、民族・性・宗教・国籍・政治信条などにかかわりなく支援活動を行っています。 アクト・アライアンスは、1995年に世界教会協議会(WCC)とルーテル世 界連合(LWF)によって創設され、2012年から人道支援と開発支援部門が統 合し、現在の組織となりました。今日、125ヵ国から150もの人道・開発支援活 動を行う教会・団体が加盟しています。 日本では、2012年に加盟したNCCとCWS Japanの2団体によってACTジャ パン・フォーラムが成立し、2018年10月、4年に一度開催されるアクト・アラ イアンス総会に共に出席し、ジャパン・フォーラムとして、今後も増え続ける だろう災害に備えるため、協働関係強化を目指しています。 その実現のためには、NCC加盟教派・団体の理解と協力が必要です。災害大 国である日本が防災・減災を目指し、国際的エキュメニカル運動体に賛同参加 できますよう、お祈りとご支援をお願いいたします。
CWS Japanのために
CWS Japanのために
10月 13 全日
CWS Japan 米国に本部を置くCWSの歴史は、敗戦直後、北米のクリスチャンコミュニテ ィから日本へ贈られた救援物資である「ララ物資」から始まりました。1946年 5月、CWSは米国教会連邦協議会、北米海外宣教協議会、WCC米国委員会など、 戦後に世界的救済活動を行っていた3団体によって設立されました。CWS日本 委員会は1946年に東京に事務所を開設し、1952年までララ物資の配給活動を 実施していました。そこから60年もの月日を経た後、2011年に東日本大震災が 発生。緊急・復興支援のため、再び東京にCWS Japanが設立されました。CWS のミッションは、宗教、人種、国籍にかかわらず、すべての人の人権を尊重さ し、飢え・貧困・難民・災害に対する支援を行うことです。CWS Japanでは、 これまで東日本大震災以降、国内外における防災・人道支援事業、防災分野に おける政策提言・ネットワーキングを行ってきました。CWSはエキュメニカル な国際支援連盟であるACT Allianceに加盟しています。大規模災害が多発する 今日、ますます教派・教義を超えたこのような協働体制が必要となっています が、日本ではその実現には多くの課題があります。 どうぞ一日も早く私達の夢が実現し、超教派の防災・減災のための協働体制 が国内で構築できる日がくるようお祈り下さい。 ホームページ https://www.cwsjapan.org/
14
15
16
17
18
19
20
NCC教育部のために
NCC教育部のために
10月 20 全日
NCC教育部は人権教育・平和教育の推進に取り組んでいます。共に力を 合わせ、子どもたちが安心して成長できる社会をつくっていきましょう。 定期刊行物 『NCC教育部ネットワークニュース』(年3回発行) 『教会教育』(不定期発行) ホームページ https://nccj-edu.jimdo.com
第69回キリスト教教育週間(10月20日~27日)を覚えて
第69回キリスト教教育週間(10月20日~27日)を覚えて
10月 20 全日
毎年10月第3日曜から第4日曜は、キリスト教教育週間です。真に平和で 豊かな共生社会の実現をめざし、一人ひとりを大切にするキリスト教教育 をそれぞれの場で進めていきましょう。  平和のきずな献金 キリスト教教育週間に、国内外の平和をつくりだす働きを覚えて「平和 のきずな献金」をお献げください。NCC教育部では、献金先の取り組みを 紹介する写真パネルならびに解説付き画像データを貸し出しています。  平和教育資料センター開設 2017年に開設したセンターには国内外から200名を超える方々にご来館 いただきました。各教派の教会、神学校、研究者、市民の方々です。2018 年度は2回の「特別展示」を開催しました。子どもたちの将来を平和で希望 に満ちた世界とするために、まず歴史の事実を学ぶことから始めたいと思 います。歴史資料を中心に、教会教育、戦時下の教案や讃美歌、平和・人 権教育の資料を展示しています。時代の流れを簡略に記したガイドブック は、日本語・英語・韓国語・中国語で書かれています。 2018年度から小学校で、2019年度からは中学校で「特別の教科 道徳」 が評価を伴う正式な教科となりました。子どもたちのこころの内面に国家 が入りこみ、規範を示そうとするもので危惧します。子どもたちを二度と 戦争に巻き込まないためにも、平和を創りだす働き人としての視点を養え る場としてセンターが広く用いられますよう、どうぞお祈りください。
21
22
23
24
25
26
27
早稲田奉仕園のために
早稲田奉仕園のために
10月 27 全日
早稲田奉仕園は、米国北部バプテスト教会の宣教師であった H.B.ベニンホ フが早稲田大学の創始者大隈重信の依頼を受け、1908 年にキリスト教主義の 学生寮「友愛学舎」を開いたことに始まります。以来、「キリスト教精神に基 づき、国際的な視野に立って社会を洞察し、他者と共に生きる人間形成の場」 としての働きをしています。 ① 学寮事業:国内外の大学生、大学院生等 150 名を越える青年が生活を共に しています。国際的な環境の中で、様々な相互理解教育プログラムを提供 しています。 ② 活動事業:「世界」、「ことば」、「アート」、「いのち」、「社会」を キーワードに、座学やワークショップ、フィールド等を企画し、学生・青 年から社会人まで学習と活動の場を提供しています。 ③ セミナーハウス事業:貸会議室・ホール・ギャラリーの運営のほか、チャ リティーイベント等も開催しています。 祈りの課題  奉仕園に集う国内外各地からの学生たちが、若き日に造り主を覚え、良き 友と出会い、人を愛し人に仕えることのできる人となることができますよ うに。  私たちの生きる世界が「違いを認め合って、共に生きていける社会」とな りますように。奉仕園がそのような世界を作り出す働きに寄与することが できますように。  園内にある早稲田教会、東京平和教会、カチンクリスチャン平和教会とともに歩み、奉仕園がそれぞれの福音宣教の業に協力することができますよ うに。 ホームページ https://www.hoshien.or.jp
狭山事件を覚えて
狭山事件を覚えて
10月 27 全日
1963 年5月1日、埼玉県狭山市で女子高生誘拐殺人事件が起こり、狭山市内 の被差別部落が集中捜査され、石川一雄さんが逮捕されました。 1974 年 10 月、東京高裁寺尾裁判長が石川さんに無期懲役判決を下し、最高 裁で判決が確定しました。しかし冤罪であることを訴えつづけていた石川さん は、34 年の獄中生活を経て、1994 年 12 月に仮出獄となりました。その後、一 貫して再審を求めつづけ今日に至っています。 石川さんのことを祈り、ご支援ください。
28
29
30
31

投稿日:8月 6, 2018 更新日:

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2019 All Rights Reserved.