エキュメニカルカレンダー

1
NCC宗教研究所のために
NCC宗教研究所のために
3月 31 全日
いま世界は、戦争と平和、人権、環境・自然保護などについて、地域、信条 等の相違を超えて協力する必要に迫られています。そのためには、他宗教を理 解することが大切なひとつであると考えます。宗教研究所は1959年の設立以来、研究会・講演会・ゼミナールなどの開催や他宗教の研究と対話のプログラ ム、また、雑誌『出会い』と英文雑誌『Japanese Religions』の発行を通して、 日本の教会、さらには世界の教会に仕えてきました。また、2002年からは、ド イツの宣教団体EMSの要請を契機として、毎年、海外の神学生、宗教教育担当 教師志願者、牧師や司祭などを受け入れて、諸宗教についての講義や諸宗教の 人びととの交流「日本の諸宗教-研修と対話-プログラム」(ISJP)を実施し ています。とくに、この働きのためにご加祷ください。海外からの参加者たち は、日本の教会との交流を強く望んでいます。また研究活動として、牧師や僧 侶、研究者など多彩な嘱託研究員がそれぞれのテーマで研究や討議を積み重ね ています。 祈りの課題: 「日本の諸宗教─研修と対話─プログラム」(ISJP)のため 諸研究活動のため ホームページ https://nccisjpnew.wixsite.com/ncccenter
日本福音同盟(JEA) のために
日本福音同盟(JEA) のために
3月 31 全日
日本福音同盟(JEA)は、1968年に創立した団体で、現在、56の加盟団体(教団、教会)と41の協力団体(伝道団体)によって構成されています。 聖書信仰に立つ福音的諸教会の連絡・交流・協力機関として活動を続けてい ます。相互理解と交わりの促進、諸問題への必要な対処、各種専門委員会によ る調査研究の実施と情報の提供、世界の同様な団体(アジア福音同盟[AEA]、世 界福音同盟[WEA]など)との協力連携を目的としています。 2016年9月、神戸で開催された第6回日本伝道会議(JCE6)のテーマ「再生 へのRe-VISION~福音・世界・可能性」に基づき、JEA自身を宣教協力インフ ラとしてRe-VISIONし、教派・教団を超えた宣教協力により、日本全体に主イ エス・キリストの福音が拡がっていくよう願っています。 祈りの課題  聖書の御言葉を通して、主イエス・キリストの福音が人々の魂に届き、人 生が変えられていくように。  教団・教派を超えた宣教協力で地域社会に仕えることができるように。ま たそのような活動の中で、青年たちがキリストにある交わりを育み、次世 代の日本宣教のパートナーとなっていくことができるように。  日本のキリスト教界において、教会の公同性が大切にされ、JEAも全体教 会に対する適切な責任を果たしていくことができるように。 ホームページ https://jeanet.org/
2
3
4
5
6
7
日本キリスト教文化協会のために
日本キリスト教文化協会のために
4月 7 全日
公益財団法人日本キリスト教文化協会は、キリスト教思想を広く普及させ、 キリスト教文化の向上に貢献するために、キリスト教図書館を開設し、またキリスト教の出版・教育・福祉事業などに長年にわたり貢献されてこられた方を、 キリスト教功労者として公に顕彰することを主な活動としております。 ホームページ http://www.bunka-kyokai.or.jp/
東京聖書集会のために
東京聖書集会のために
4月 7 全日
独立伝道者の故政池仁が主宰した無教会主義キリスト集会を継承する集会 です。毎日曜午前10時から11時半の間、在日本韓国YMCAをお借りして、会員 の協同責任により礼拝を守っております。第三日曜の午後は月例の読書会、第 四日曜は礼拝の後、愛餐会をもっております。 その他毎年、一日読書会、伝道講演会や聖書講習会・バイブルキャンプ(兄 弟姉妹集会との共催)を行っております。 私ども会員は、一人でも多くの方がキリストの福音を信じるようになり、真理と平和を愛する心が遍く国中に及ぶことを常に祈っております。なお、現在 の会員は約30名ですが、高齢化が進んでおりますので、若壮年層の方がたが新 たに参加されることを切に願い、祈っております。全NCCご関係の皆さまのご加祷をお願いいたします。
8
9
10
11
12
13
14
〈棕櫚の主日〉低きに降る主(見よ、お前の王。柔和な方で、ろばに乗って。)
〈棕櫚の主日〉低きに降る主(見よ、お前の王。柔和な方で、ろばに乗って。)
4月 14 全日
主イエス・キリストの苦難と死を覚える「四旬節」(受難節、レント)の最後 の週が「受難週」であり、この週は「棕櫚の主日」から始まります。この日主 はろばに乗ってエルサレムに入城されました。これは、「見よ、あなたの王が 来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者/高ぶることなく、ろばに乗って来 る/雌ろばの子であるろばに乗って」というゼカリヤ書 9 章 9 節の予言の成 就を示していました。そして、この予言の言葉には続けて「わたしはエフライ ムから戦車を/エルサレムから軍馬を絶つ。戦いの弓は絶たれ/諸国の民に平 和が告げられる。彼の支配は海から海へ/大河から地の果てにまで及ぶ」と記 されています。 群衆は主を独立に導く王として歓迎しました。しかし、主イエスは、軍馬でなく、ろばに乗ってエルサレムに入城されました。そして、この週の金曜日、 主イエスは十字架にかけられて地上の生涯を終えられます。なぜ多くの人々の 心は主イエスから離れたのでしょうか。そして、「十字架につけよ」と叫んだ 人々は何を求めていたのでしょうか。私たちの主イエスは、軍馬ではなくロバ に乗ってエルサレムに入られた方であること、そして、そこに込められた神の メッセージを受け止めてまいりましょう。
15
16
17
18
19
20
21
〈復活日〉生き生きとした希望(私が生きているので、あなたがたも生きる)
〈復活日〉生き生きとした希望(私が生きているので、あなたがたも生きる)
4月 21 全日
イエス・キリストの復活、それは、とても衝撃的な出来事でした。福音書に はユダヤの権力者たちが何とかしてその事実を否定しようとしたということ が記されています。 世の権力は殺す力、「死」をもって人々を支配しようとします。しかし、主 の復活は命を与える方、死ではなく命によって人々を導く方こそ、本当に力る方であることを示しています。 そして、「死」による支配は「恐れ」による支配でもあります。しかし、復活の主は「ゆるし」と「希望」によって人々を導きます。「恐れ」に支配され、 主イエスを捨てて逃げだした弟子たちは復活の主との出会いを通して「ゆるし」 を与えられ、「希望」をもって新しい人生を歩み始めたのです。
チェルノブイリ原発事故に想いを馳せて(4月26日)
チェルノブイリ原発事故に想いを馳せて(4月26日)
4月 21 全日
1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故から33年になります。当時の旧 ソ連のウクライナ、ロシア、ベラルーシのほか、世界の広い範囲に放射性降下 物が拡散しました。今でも30キロ圏内に立ち入るには特別の許可証が必要です。 ウクライナ政府の統計では、事故処理に従事し被曝した作業員は3ヵ国で計 80万人、そしてウクライナだけで2万5000人以上が死亡したとのことです。隣 国ベラルーシでは子どもたちの間に甲状腺がんが異常に増え、今では内分泌・ 循環器系・呼吸器の病気が増加の傾向にありますが、国の経済状況の悪化と共 に十分な補償も受けられず、子どもも大人も心と体の痛み、苦しみから解放さ れず、自然界も修復不能なほど傷ついています。 それにしても、チェルノブイリにおいてでさえ、年5ミリシーベルト以上の 地域の人びとを避難させる責任を行政は負い、年1ミリシーベルト以上の地域 の人びとには避難の権利も与えられているのに、日本政府が年20ミリシーベル ト以上の地域の人びとにしか避難の責任を負っていないことは異常です。一刻 も早い見直しが必要です。
22
23
24
25
26
27
28
基督教イースト・エイジャ・ミッション のために
基督教イースト・エイジャ・ミッション のために
4月 28 全日
1.教団・団体の解説 当法人の歴史は1884年に遡ります。ドイツとスイス両教会によって東亜伝 道会(OAM)が結成され、日本宣教の一つに選ばれたのが富坂でした。 ① 富坂キリスト教センターは、キリスト教社会倫理の学際共同研究とエキ ュメニカルな研修会を柱に、過去の反省に基づき、教会の福音宣教に協 力しつつ歩んでいます。 ② 山上国際学寮は、Unity and DiversityとLife for Tomorrowの理念のも と、2009年4月に開設されました。国際交流を平和運動と位置付け、国 内外の研究員・学生が共に生活し、成長することを目指しています。 ③ 京都宗教学際研究所は、ドイツEMSとNCC宗教研究所の諸宗教間対話 プログラムに賛同協力し、豊かな人的国際交流の具体化とともに諸宗教 間対話の実質化を目指しています。 ④ 富坂子どもの家では、モンテッソーリ教育法に基づいた教具教材を活用 することで、発達面に様ざまな特性をもつ子どもたちの感覚の洗練、秩 序感の形成、精神の集中等の成長の要素が得られるようにと願っていま す。 ⑤ 富坂まきば保育園は、2017年4月にスタートしました。富坂子どもの家 とあわせ今後100名近い乳幼児が毎日通ってきます。地域に仕えつつ、 幼い子どもたちの豊かな成長を支援していきたいと思います。 2.祈りの課題 今後も東アジアの非核平和、和解の実現と友情の充実のために共に祈 り、仕えることができますように。 私たちの働きのために、とくに子どもたち、留学生や研修生一人ひと りの生活を覚えてお祈り下さい。
29
30

投稿日:8月 6, 2018 更新日:

Copyright© 日本キリスト教協議会 , 2019 All Rights Reserved.