青年委員会

 青年委員会は、NCCの中でも最も歴史の古い委員会のひとつですが、1970年代になって、様々な事情から事実上の委員会活動を休止させることとなりました。これに代わる形で、1980年代以降、日韓教会青年協議会での韓国のキリスト教青年運動との出会いをきっかけに、青年たちの自主的な活動としてNCC青年協議会がスタートし、実質的な青年によるエキュメニカルな運動を担うようになりました。1990年代になって、休止していた委員会活動の再生への試みが徐々になされるようになりました。1997年に、NCC青年委員会・日本YMCA同盟・SCM協力委員会の三者の共催によって東山荘において開催された「学生青年運動エキュメニカル協議会」は、NCC非加盟教派を含めて、全国レベルでの教派青年会、各地学生青年センター、エキュメニカル青年団体等が一堂に会してお互いの運動の現状を報告し会う貴重な機会となった他、関東地域でのエキュメニカルな青年のネットワークを生みだすきっかけともなりました。

 こうした動きを受けて、近年、青年委員会の活動も本格的に再開され、現在は、各教派青年会やNCC青年協議会をはじめとするエキュメニカル青年団体、各地学生・青年センターなど、青年運動に関する情報交換や、エキュメニカルな活動の支援、CCA-Youthなどの国際的なプログラムへの青年派遣の窓口の役割、エキュメニカル青年交流誌「Round Table」の編集などを行っています。

 NCC青年委員会は、次の二つのことを中心に活動しています。ひとつは、NCC協力団体の主催する海外プログラムへの青年の派遣及び参加支援です。もうひとつは、年2回開催される「エキュメニカル・ユースの集い」(以下エキュユース)です。青年委員会はエキュユースをエキュメニズムの実践の場として捉え、各教派・団体の活動の報告や、信仰生活の悩み、疑問、喜び等を分かち合い、そして共に祈ります。
 エキュユースでは、各教派・団体の活動報告と、参加者にエキュメニカル活動を考えてもらうことを中心にプログラムをたてられます。またその後の話し合いの時間では、エキュメニカル活動に関連して、NCC構成団体に関する質問や、各教派・団体の違い、エキュメニカル活動の魅力、そして具体的にどのような領域でエキュメニカル活動をできるのかといったことまでが話されます。
 青年委員会は、キリストにあって繋がった青年達が出会いを通してお互いに励まし合い、時に慰められ、強められて、行動する群れとなることを望んでいます。

青年ニュースの交差点

★青年委員会ではメーリングリストをつくり、加盟教団・団体の活動のお知らせをしています。

前
女性委員会
カテゴリートップ
宣教・奉仕部門
次
平和・核問題委員会