前月 昨日
2019年 1月 27日(日)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 予定一覧表示
             
朝鮮半島の平和と統一を求めて
 朝鮮半島は、日本の植民地支配に続き、戦後南北が分断され、1950年に勃発した朝鮮戦争、また冷戦によって分断が固定化されたまま現在に至っています。世界教会協議会(WCC)がイニシアティブをとる「東山荘プロセス」では、朝鮮半島の平和統一は、南北の教会の課題だけでなく、世界の教会の課題であることが確認され、南北の教会の対話と和解と協力を軸にして、世界の教会が協力してその働きを進めています。

 NCCでは、「東アジアの和解と平和委員会」を通して、韓国と朝鮮民主主義人民共和国の教会および在日大韓基督教会と協力して、朝鮮半島の平和と統一が促進されるために働き、共に祈りたいと願っています。


 
             
NCC東アジアの和解と平和委員会
 東アジアにおける政治体制の違いのゆえに国交の断絶している国の教会とのエキュメニカルな交流を通して、和解と平和の実現に寄与することを目的として2006年の総会にて設立されました。朝鮮半島の和解と平和、統一のための世界教会協議会(WCC)の「東山荘プロセス」や、東アジアの民衆の安全保障を共に考えるアジア・キリスト教協議会(CCA)の作業部会、北朝鮮への人道支援などとの協力のもと、教会間の協力を通して、特に緊張緩和と平和の実現を進めるための委員会です。
 
             
日本バプテスト同盟
○教会・伝道所69、集会所5、協力団体(学校など)15、神学校1。
○教会員数:現在会員2,165名、在籍会員3,704名。 
○礼拝出席数1教会あたり平均21名。
○教会学校46校、平均出席者20名。
○バプテスト同盟の2016年度年間主題:「宣べ伝える教会」
主題の聖句: 「ところで、信じたことのない方を、そうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。また、宣べ伝える人がなければ、どうして聞くことができよう。遣わされないで、どうして宣べ伝えることができよう。「良い知らせを伝える者の足は、なんと美しいことか」と書いてあるとおりです。」(ローマ10:14〜15)

1.祈りの課題(2015年4月から5ヵ年の新しい宣教の指針です。)
仝鎚牟飢顱協力団体間の宣教協力 
  個別教会、協力団体間の連帯を強め、共に成長しましょう。個別教会、協力団体が孤立し、困難にあるときは支援し合えるようバプテストの信仰に立つ教会が意見を交わし合い、信頼を築き、共に乗り越えます。
伝道者養成 
  バプテスト同盟に加盟する個別教会、協力団体の共通の課題の中でも、伝道者養成は緊急性があります。教師として働く献身者を生み出すため協働しましょう。
3こ粟覿偽力 
  日本国外、スウェーデン、アメリカ、アジア諸国の教会、キリスト教団体との相互交流と協力をより深め、日本国内における国際的な交流と協力の機会を持ちましょう。
ホームページ http://www.jbu.or.jp/

 

  年       <今日>
piCal-0.8
印刷