前月 昨日
2018年 1月 7日(日)
明日 翌月 年間表示 月表示 週表示 予定一覧表示
             
十字架の主の御言葉に聴き従いつつ、共に歩む(マタイ16章24節) <NCC第39総会期テーマ>
<NCC第39総会期テーマ>

 NCCの基本は日本の教会・キリスト教団体が「共に歩む」ことにある。それは単なる思想や願望ではなく、また、現実的に考えや利害が一致するからでもない。主の御言葉によるご命令なのだ。
 「共に歩む」方向と力は、十字架の主の御言葉に聴き従いつつ、それぞれが招かれている自分の十字架を自覚し背負うことによって与えられる。
 「戦後70年」を過ぎた今、日本社会は大きな岐路に立たされている。日本が再び戦争の罪を犯すことなく、むしろ世界の正義と平和に貢献できるよう、御言葉に聴き従いつつともに努めていこう。

 一、共に伝道しよう(マルコ1:14-15)
 二、社会の中でともに証ししていこう(マタイ  26:51-52)
 三、広く世界の友と連携していこう(使徒言行録2:7-11)
 四、NCC創立70年(2018年)の宣教会議に向けて、そのプレ集会を開催する
 五、宗教改革500周年記念事業を推進する(2017年)
 六、各委員会活動をさらに充実し、それぞれ担っている課題を推進する
 七、機構・財政について検討を進める

 伝道は困難、社会情勢は緊迫しているが、「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」との御言葉に聴き従えば、少しずつでも着実に前進できる。
 希望をもって共に進むことができるよう、お祈りください。

 

  年       <今日>
piCal-0.8
印刷