投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-10-06 11:47:45 (691 ヒット)

 9条世界宗教者会議よりご案内です。
2011年に沖縄で開催された「第3回9条アジア宗教者会議」の冊子をPDFにまとめました。ダウンロードしてご覧ください。右メニュー欄「9条世界宗教者会議」にも掲載してあります。

第3回9条アジア宗教者会議冊子


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-06 14:16:21 (1089 ヒット)

 NCCが加盟しているアジアキリスト教協議会(CCA)のニュースレターが発行されました。
2012年12月発行の今号では、特集の一つとして、東日本大震災に関してNCCJと震災対策室が行ってきた1年半の活動報告が掲載されています。

また、NCCのURM委員の木谷佳楠(きたに・かなん)牧師による大震災および原発事故に関する神学的考察の論文も掲載されています。

アジアをはじめ、世界の教会が私たちを支え、祈ってくださっていることを改めて覚え、感謝いたします。

興味のある方は、下からダウンロードしてお読みください(英語版のみです)。記事はP.12〜14に掲載されています。

CCA NEWS Vol.47, Dec. 2012


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-05-25 12:52:16 (1719 ヒット)

NCCは5月にACT (Action by Churches Together) に加入しました。
ACT はスイス・ジュネーヴに本部を置く、 プロテスタント、カトリック、ギリシャ正教の協力によるキリスト教系国際援助組織です。人道支援部門のACT International 、開発部門のACT Development に分かれて活動を行ってきましたが、2010年統合し、ACT Alliance になりました。
この組織改編に伴いメンバーシップの見直しを行い、NCCにも正式加入の依頼連絡が送られてきました。
同年9月、NCC常議員会で承認を受け、加入の準備を進めていましたが、昨年の東日本大震災で作業が中断せざるを得ない事態になりました。
最終的に今年4月、必要書類を送付、5月初めのACT 理事会で承認を受け、正式メンバーとなりました。
ACT の自然災害支援は基本的に、加盟団体が属する発展途上国を対象としています。そのため、非加盟で先進国である日本は支援の対象には含まれていませんでしたが、東日本大震災は例外的なケースとみなされ、発生後間もなくChurch World Service (CWS) を通じて、支援の呼びかけが行われ、現在も支援活動が続いています。
これまでも長くNCCは世界各地で発生した災害について、ACT の支援要請を受けて献金の呼びかけを行い、送金してきましたが、今回の加入により、日本は正式に支援を受ける資格が与えられました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-17 10:09:11 (1499 ヒット)

 WCCが実施する2012年スチュワードプログラムの募集が行われています。
これは世界の若い人たちにエキュメニカル活動の体験をしてもらうためのユニークなプログラムで、来年、韓国プサンで開かれる総会の準備も兼ねたものです。

開催期間: 8月下旬〜9月上旬 (詳細未定)
場  所:ギリシャ・クレタ島。初めにスイス・ジュネーヴで研修。
年  齢:18歳〜30歳。
英  語:プログラムはすべて英語で行われるので、
ある程度の英語能力が必要とされます。
参 加 費:日本―ジュネーヴ間の旅費は自己負担
プログラム全体はWCCが負担
応募締切:2012年3月15日(WCC中央委員会に申込用紙必着)

興味のある方はNCCまでお問い合わせください。general@ncc-j.org