投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-07-13 11:12:58 (1987 ヒット)
要請・声明

去る5月27日(日)、カトリック横浜司教区の貝塚教会で行われていたミサに対して、警察による妨害行為が発生しました。
この事件に関して、NCCは下記のような声明を発表しました。原文文書はJPEG画像でご覧になれますので、ダウンロードしてお用いください。

以下本文。

 

国家公安委員会委員長 松原 仁 

警察庁長官 片桐 裕 

 

主の日(日曜日)の教会活動に対する警察の妨害行為についての声明

 

 さる5月27日㈰ カトリック横浜司教区の貝塚教会施設内に川崎臨港警察署職員6名が立ち入り、同教会の管理責任者である本柳主任司祭の制止を無視して、フィリピン国籍の信徒に対して威圧的な執拗な職務質問を行った。周囲の信徒たちが見守り抗議する中で50分間にわたってこのような行為を続けた後、教会敷地内で逮捕し警察署に連行した。

 この件に関して日本カトリック司教協議会は6月21日 司教総会の総意をもって、国家公安委員会及び警察庁に対して、「この行為は憲法35条による住居不可侵の規定に違反し、又憲法20条の保障する信教の自由を侵害する行為であり、今回のような事件が川崎臨港警察署だけでなく、全ての都道府県の警察署内で今後二度と起こらないよう」、大略次の理由を挙げて強く要請している。

 

.トリック教会には、国籍を問わず、祈りや礼拝等を目的として多くの信徒、求道者が訪れる。特に日曜日のミサ聖祭はカトリック信徒にとって極めて神聖かつ重大な宗教上の儀式である。△海里茲Δ糞啓阿鮃気┐匿徒、求道者が和やかな内にも厳粛に相集う時間帯に、国家権力が管理者の制止を押し切って境内地に入り、警察官として職務質問等の職務を行えば、多くの信徒らに対し、恐怖、緊張、屈辱、怒り、嘆きなどの感情を生じさせ、およそ聖なる宗教上の儀式を行うにふさわしくない状況を招くことになり、国家権力による宗教活動の妨害である。6飢颪郎瓩鯣箸靴真佑盍泙瓩董△垢戮峠轍戮鯢蕕辰深圓安心して訪れることができる場所であることを目指している。教会内や教会付近において警察官から職務質問を受けるということが起これば、信徒等は安心して教会を訪れることができなくなる。また警察官が司祭に対し、司祭の宗教上の立場と守秘義務を顧みることなく、威圧的に「犯人をかばうのか。容疑者に敷地外に出るように勧めろ」などと詰め寄る行為は、司祭の権能を否定し、告解の秘跡などカトリック教会の行う宗教活動を冒涜するものである。て本国憲法は、教会及び信徒に対して、宗教儀式、宣教活動、信徒の育成教化など、宗教活動の自由を信教の自由として保障しており、また宗教法人法も、国及び公共団体の機関は法令の規定に基づく権限を行使する場合には宗教法人の特性及び慣習を尊重し、信教の自由を妨げることがないよう特に留意しなければならないとしている。

 

 日本キリスト教協議会は、主の日(日曜日)の教会活動を同じように「極めて神聖かつ重大な」ものとして尊重する立場から、カトリック司教協議会の上記要請理由を熱い思いをもって支持し、このような「主の日(日曜日)の教会活動に対する警察の妨害行為」が二度と繰り返されることがないよう警察及び関係機関に対して強く要請する。

7月3日に開催された日本キリスト教協議会常議員会の総意を、ここに議長声明として内外に発表する。

 

      2012年7月3日       

 

      日本キリスト教協議会 議長 小橋孝一

  

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-01 14:33:48 (1744 ヒット)
要請・声明

昨年(2011年)10月3日〜7日に沖縄で行われた9条アジア宗教者会議の声明文が出来上がりました。また、会議全体の声明文と同時に、現在韓国済州島で進められている軍事施設建設に反対する声明文も発表されました。日本語版、英語版の2種類があります。ダウンロードしてご覧ください。

3rdAriticle9第3回アジア宗教者会議声明文

3rdAriticle9Statement of the 3rd Asia Inter-religious Conference on Article 9

3rdAriticle9「済州島に平和を」声明文

3rdAriticle9Jeju Statement


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-11-30 13:22:34 (1688 ヒット)
要請・声明

 10月28日に平和・核問題委員会が発行しました「谷司教への手紙」の中で、一箇所訂正が生じました。

 
説明文の11、「福島とチェルノブイリの違いは?」
(誤)福島では1〜5号炉まで」→(正)「福島では1〜4号炉まで」
です。
 
現在、修正後のPDFが掲載されています(11月30日)。
すでに過去のPDFをプリントアウトされた方は、上記のようにご訂正いただければ幸いです。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-28 11:52:52 (2444 ヒット)
要請・声明

 NCC平和・核問題委員会から原発問題に関して、声明文と公開書簡を発行いたしました。

それぞれ、画像をクリックしてご覧ください。

anti-nuclear demand「新内閣に脱原発を求める声明」

「谷司教への手紙」


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-21 10:25:05 (1678 ヒット)
要請・声明

NCC 関係教会・団体の皆様、

日本は東日本大震災から半年を過ぎた今も多くの困難を抱えていますが、世界においてもさまざまな災害や危機が発生しています。

ケニアを含む「アフリカの角」と呼ばれる東北部の地域では4年連続の飢饉に見舞われ、ケニアだけで320万人以上が人道支援を必要としています。ACT (Action by Churches Together) は8月12日付で、加盟団体に総額987万米ドル(約7億5千万円)の緊急支援依頼を発信しました。
NCCでは、日本もまた困難な状況にあることを思いつつ、しかし私たちに今できることから世界の人々にわかちあいの精神を示していけることを願い、ACTからの要請にこたえて、緊急支援の呼びかけを行うことにいたしました。
どうぞ、ご協力をお願いいたします。
 
NCC緊急支援募金アピール
目標金額:特に定めません
募金期間:2012年2月29日まで
郵便振替:00180−4−75788
加入者名:日本キリスト教協議会
通信欄に「ケニア飢饉被災者支援」とご記入ください。
 
※この呼びかけは9月28日にFAXにて、関係団体に送信させていただきました。
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-01 13:55:40 (1938 ヒット)
要請・声明

 NCC 平和・核問題委員会は、福島第一原発事故以後、初めての本格運転となる泊3号原発の運転再開について、停止を訴える声明を発表しました。




 ←ダウンロードしてごらんください。



 


« 1 2 (3)