投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-02-07 11:55:07 (1681 ヒット)
ヘッドライン

 2013年1月24日〜25日、仙台の日本基督教団東北教区センターで、「外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト教連絡協議会(外キ協)」の第27回全国協議会が開催された。「東北の被災地から多民族・多文化共生を考える」という主題の下、北海道・関東・神奈川・関西・広島・九州の各地外キ連と7教派・団体の代表者、そして韓国NCCの代表者、計40人が参加した。

協議会に先立ち、「被災地を訪ねる現場研修」が行なわれ、外国人被災者支援センターの案内で南三陸・石巻の被災地をマイクロバスで回った。

24日夜、秋葉正二牧師(外キ協事務局長)による開会礼拝、佐藤信行RAIK所長の基調報告のあと、在日三世の社会学者・郭基煥准教授(東北学院大学)による講演「石巻市調査に見る外国人被災者の現在」がなされ、活発な質疑応答が続いた。

二日目の25日、中家盾牧師(日本キリスト教会)による聖書研究が行なわれた。中家牧師は2年間の支援活動の中で聖書を読み直していった過程をつぶさに語ってくれた。次に、「外国人被災者支援の今後の課題」について、前田圭子・日本YWCA震災担当幹事と許伯基牧師(在日大韓基督教会)が報告。また昼食には、協議会に参加した地元の諸教派・諸教会の人びとの懇談の場も設けられた。午後は「今、被災地から外国人住民基本法を読む」と題するワークショップが行なわれたあと、昨年8月に実施された日本・在日教会「青年の旅」について二人の教会青年が報告した。そのあと、全体協議をもって今年度の活動計画などを決定した。閉会礼拝は、被災地にある教会において奮闘されてきた井形英絵牧師が「種を播かれ、種を播く」と題してメッセージを語ってくれた。

1月26日、日本バプテスト連盟仙台基督教会で主題「東北の被災地で多民族・多文化共生を祈る」の下、「外国人住民基本法の制定を求める第27回全国キリスト者集会」が開かれた。大雪の中、岩手や福島からも駆けつけてくれ、参加者は46人。司会は吉高叶牧師(日本NCC副議長)がなされ、賛美と祈り、韓国NCCからの連帯メッセージのあと、二人の移住女性、庄司マリーンさん(フィリピンコミュニティーミヤギ)、楊佩さん(外国人被災者支援センター)が、日本に来た経緯と3・11の過酷な経験を語ってくれた。その証言を受けて、松浦悟郎司教(日本カトリック難民移住移動者委員会委員長)が「名を呼ぶ神に応えて」(サムエル記上3:111)と題してメッセージを話しくれた。

そのあと、震災前から移住女性の研究をされてきた李善姫・東北大学法学研究科GCOEフェローが、「東北の移住女性たち」と題して現状と課題を克明に話しくれた。最後に、集会アピールを確認して、参加者は雪の中、「多民族・多文化共生」という宣教課題をもってそれぞれの教会に帰った。

声明とアピールは、下のPDFをダウンロードしてご覧ください。

 

  声明とアピール

 

 韓国NCCのアピール 撮影=戸枝正輝

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-01-25 11:13:38 (1329 ヒット)
ヘッドライン

1月20日(日)午後2時30分より、カトリック本郷教会でカトリックとプロテスタントの合同主催による「キリスト教一致祈祷週間東京集会」が 行われました。
100名余りの参加者を迎え、岡田武夫カトリック東京大司教の司式によりはじまりました。小橋孝一NCC議長の説教では、これまでのプロテスタントとカトリック合同の活動に関わった自身の経験を通して「キリスト・イエスにおいて一つ」であることの大切さ、その動きが確実に進んでいることが語られました。
参加者は、カトリックから20、プロテスタントから16の団体の方々でした。礼拝の中で、インドのダリットの方々のために寄せられた献金は、42,909円。岡田大司教より、小橋議長に手渡され、NCCを通して、インドのダリット出身の牧師先生のグループのもとに届けられることになりました。 

 

 カトリック本郷教会の聖堂

 メッセージを語る小橋孝一NCC議長

 賛美歌を歌う会衆

 小橋議長と共に、祭壇の前で讃美する岡田武夫カトリック大司教(中央、緑の祭服)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-08 14:02:21 (1708 ヒット)
ヘッドライン

 先日お送りしましたエキュメニカルカレンダー改訂版に誤字がありました。

10月28日「狭山事件を覚えて」の項目、「狭山」が「佐山」になっていました。たいへん申し訳ありませんでした。お詫び申し上げるとともに、訂正をさせていただきます。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-25 14:13:36 (2324 ヒット)
ヘッドライン

 

長崎古町教会より、カトリック・プロテスタント合同「長崎キリスト教一致礼拝」の報告が届きました。

以下のとおりです。


◇ カトリック・プロテスタント合同『長崎キリスト教一致礼拝』のご報告

長崎では、21日(土)午後2時より、活水学院大チャペルにおいて礼拝が行われ450名が参列しました。長崎ではこれまで、二、三の教会が集まって一致週間の礼拝をおこなうということはあったようですが、今回のような大規模な礼拝は初めての開催でした。

昨年9月に行われた震災から半年の礼拝をカトリック・プロテスタント両教会が共に捧げたことが契機となり、今回は多くの教会から聖職者、信徒が集いました。 

主司式を長崎キリスト教協議会運営委員長の友納牧師が務め、説教をカトリック長崎大司教の高見三明大司教、ほか共同司式に26名の司祭・牧師が加わりました。 

3月11日には浦上天主堂を会場に地震から一年の礼拝を捧げるべく、準備を進めています。

簡単ではありますが、ご報告まで

長崎古町教会 牧師 藤井清邦


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-25 14:04:34 (1646 ヒット)
ヘッドライン

  1月22日(日)、午後2時より、新宿区大久保の日本福音ルーテル東京教会でキリスト教一致祈祷週間東京集会が開催されました。
輿石勇NCC議長の司式により開会し、会場近隣の牧師による共同の司式、聖書朗読などで会は進められ、会衆一同が讃美と祈りを合わせました。 
説教は、岡田武夫カトリック東京大司教。「一粒の麦」の題目で、東日本大震災、津波、原発事故にも触れ、主に従う生き方の大切さと意味が語られました。

 寒さの厳しい日曜の午後にもかかわらず、 プロテスタント教会14共同体、2団体、カトリック教会11共同体、3団体から 80余名の参加者を得て、実りのある会になりました。
礼拝の中で集められた献金44,418円は、カトリック東京ボランティアセンター(CTVC)を通して、今年は東日本大震災の災害支援のために捧げられます。
礼拝終了後、東京教会の大ホールで、茶話会が開かれました。礼拝に参加された諸教会諸団体が紹介され、また、礼拝中の献金が輿石勇NCC議長より、岡田大司教に手渡されました。

 

写真下、司式をする輿石勇NCC議長。右後方は岡田武夫カトリック東京大司教。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-11 17:03:21 (1944 ヒット)
ヘッドライン

 2012年のエキュメニカルカレンダーHP版を更新しました。
ご利用ください。

なお、6日にお知らせいたしましたように、印刷のカレンダーには誤植がありましたので、現在訂正版を製作中です。今しばらくお待ちください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-06 17:29:59 (1829 ヒット)
ヘッドライン

2012年のエキュメニカルカレンダー、7月末までの分を当ホームページに掲載しました。お待たせし、申し訳ありませんでした。
8月以降はもう少々お待ちください。今月中に更新いたします。

また、年末に加盟教会・団体、関係団体にお送りしたエキュメニカルカレンダーですが、いくつかの誤植が見つかりました。そのひとつとして、日本YWCAが入っていませんでした。 11月第4週(25日) に入ります。
日本YWCA関係者の方々はじめ、皆さまにご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。
ただ今、訂正したカレンダーを製作中です。2月上旬には、別の印刷物と合わせて皆さまにお送りいたしますので、差し替えの上、ご利用くださいますよう、お願い申しあげます。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-26 11:35:28 (1815 ヒット)
ヘッドライン

既報のとおり、去る9月11日(日)に各地で「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」が行われましたが、長崎で行われた礼拝についての報告が届いておりますので、下に掲載いたします。

長崎では、11日(主日)午後2時半より、
カトリック中町教会において礼拝が行われ450名が参列しました。
震災発生時刻、中町教会の鐘を鳴らして全員で黙祷を捧げました。
お祈りはカトリック浦上教会、中町教会、滑石教会、日本キリスト教団長崎教会、平和記念教会の以上5教会より、
代表の信徒が担当いたしました。

捧げられました献金、34万648円をNCCあて送金させていただきました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-12 14:17:47 (2133 ヒット)
ヘッドライン



東日本大震災からちょうど半年になる9月11日(日)、日本基督教団下谷教会(東京・上野)でキリスト教超教派の集い「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」(主催:カトリック中央協議会・日本キリスト教協議会、協賛:日本福音同盟東日本大震災対策室)が行われました。

震災発生時刻の午後2時46分、鐘の音とともに礼拝が始まりました。各教派の司祭、牧師、司教の司式により祈祷・讃美が行われ、式の中ではカトリックNGOのカリタスジャパン、日本基督教団、支援センター・エマオの支援活動報告も行われました。

礼拝の中でささげられた献金、約15万5千円はNCCを通して被災地支援の東北ヘルプに送られます。出席者数、約180名。

この日、新潟、長崎など全国各地の教会でも同じ礼拝が行われました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-01 16:48:20 (4590 ヒット)
ヘッドライン

NCCでは、韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館建設」募金を行うことになりました。
下記趣意書をお読みのうえ、ご協力くださいますようお願いいたします。
 

韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館建設」募金趣意書とお願い

議長 輿石 勇

今年は、韓国人被害者である故金学順(キム・ハクスン)ハルモニが日本軍「慰安婦」被害事実を公開証言し、日本の反人権的犯罪を暴露して20年となる年です。
故金学順ハルモニの証言後から、沈黙を破り名乗り出た多くの被害者とともに、日本軍「慰安婦」問題に対する日本政府の責任を問いただし、国際社会に告発することで、私たちは一連の成果と変化を引き出してきました。国連をはじめとした国際機構の勧告と各国議会の決議採択などを通じ、世界中がこの重大な女性暴力問題に注目し解決のために力を注いできました。


« 1 ... 4 5 6 (7)