投稿者 : webmaster 投稿日時: 2016-01-20 13:40:14 (564 ヒット)
ヘッドライン

一致祈祷週間 集会開催地の最新のお知らせです。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2016-01-06 10:21:41 (664 ヒット)
ヘッドライン

一致祈祷週間 集会開催地のお知らせを更新いたしました。

「山梨県教会一致懇談会・新年連夜祈祷会」は、毎日会場が違うので別紙にて詳しく説明があります。

また、淡路キリスト教連合会 会場教会の住所と福山市内一致祈祷会 実施曜日を間違えておりましたので、赤字で訂正させていただきました。 大変申し訳ありませんでした。

集会開催地

山梨県会場


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-12-16 10:31:48 (512 ヒット)
ヘッドライン


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-12-16 10:08:54 (396 ヒット)
ヘッドライン


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-11-18 10:38:11 (294 ヒット)
ヘッドライン


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-11-18 10:28:33 (286 ヒット)
ヘッドライン

韓国キリスト教教会協議会(NCCK)と日本キリスト教協議会(NCCJ)は1014日〜17日に「東北アジアの平和 −日本教会と韓国教会の役割」と題して、第9回共同協議会を韓国・ソウルの韓国キリスト教会館を会場に開催しました。2004年東京での開催から11年ぶりの協議会開催のため韓国側が準備をしてくださいました。開会礼拝に始まり、韓神大学のイ・キホ氏による基調講演「東北アジアの平和、地域共存と繁栄構想 −日本と韓国の役目」、その他「神のことばに聞き従い、あらゆる人々と共に」、「東北アジア地域の平和構築のための日本と韓国の教会の役割」、「日韓教会 東北アジア平和運動に対する評価と課題」、「URMの視座から」、「NCCJ女性委員会活動の経緯と展望」、「日韓キリスト青年交流 −出会いの場」の提案がなされ協議しました。声明等はファイルをご覧ください。

 


投稿者 : hiram 投稿日時: 2015-10-30 19:08:17 (289 ヒット)
ヘッドライン

CCA アジアキリスト教協議会常議員会が1013日−16日までタイ・バンコクのタイ・キリスト教会本部で開催されました。

5月に開催されたCCA総会で方向性が定められた事柄に基づき、新しく発足したプログラム委員会では、平和構築の課題について取り組むために、若いアジア女性神学者を中心とした会議開催や、女性のリーダーシップ育成なども取り扱う予定です。マシュー総幹事は2020年までの主要な計画について、2017CCA創立60周年記念行事、アジアミッション会議、アジアエキュメニカル女性会議、青少年会議など、草の根レベルでのエキュメニズムを育成する計画も盛り込み、若い世代のエキュメニカル運動への参加を目指すと述べました。参加費用は各自の自己負担になりますが、参加要請がある計画について随時お知らせしてまいりますので、次世代を担うクリスチャンの働きのため祈り、お支えください。

 会議出席者の集合写真


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-10-30 11:39:40 (373 ヒット)
ヘッドライン

世界祈祷日のサイトを立ち上げました。

右メニューの「世界祈祷日」を開くとリンクが表示されています。そこからお入りください。

世界祈祷日に関する情報は、これまでどおりNCCサイトでも随時掲載しますが、より詳しい情報は世界祈祷日サイトでご覧ください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-07-17 15:25:52 (803 ヒット)
ヘッドライン

日本基督教団は7月13日、14日の2日間にわたって開かれた常議員会において「戦後70年にあたって平和を求める祈り」を可決し、17日、公開しました。

「戦後70年にあたって平和を求める祈り」

私たちは今、世界の主なる神に祈ります。

私たちは戦後70年にあたって、アジア・太平洋戦争時、日本の戦争遂行に協力し、多くのアジア諸国の民に多大な苦しみを与えたことを悔い改め、二度と同じ過ちを犯すことがないために、真に平和を造り出すことができる知恵と力を与えてくださるように、今この時、神の憐みと導きを祈り願います。

今、日本は、多くの憲法学者が憲法違反と指摘しており、多くの国民が懸念しているにもかかわらず、集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、そのための安全保障法案を国会で議決しようとしています。私たちはそのことを憂い、「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」(イザヤ書2章4節)平和の実現を願い、為政者が謙遜になり、国民の思いに心を寄せ、秩序をもって政治を司ることができるよう切に祈ります。

また、国政に責任を負う者の中に、多くの重荷を負わせられている沖縄の人々のうめきや痛みをかえりみず、言論を封じようとする発言があることに心が痛むと共に、為政者のおごりを感じます。異なる意見に耳をかさず、懲らしめなければならないとうそぶいている権力の担い手たちが、異なる意見を真摯に聞く心を与えられるよう祈ります。為政者が、権力を担うことは民意の委託であることを覚え、民に聴き、民の痛みを知り、民を尊び、民に仕える心が与えられるよう祈ります。

私たちは、私たち自身が経済性を優先させる罪に陥り、自分だけが良ければ良いとする思いをもって政治や人権に対して無理解・無関心となっていたことを悔い改めます。私たちに他者の痛みや嘆きを自らのものとして受けとめる心を与えてください。

平和の君イエス・キリストの御名によって祈ります。 アーメン

(第39総会期 第3回常議員会 2015年7月14日 可決)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-05-20 14:40:31 (629 ヒット)
ヘッドライン

 4月27日に開始したネパール大地震被災地支援の呼びかけを、今月15日(金)にFAXでも開始しました。

ACT Alliance は、5月1日に募金総額を明記した予備献金依頼書(Preliminary Appeal)を送ってきました。目標総額は12,817,453米ドル(約14億円)ですが、アピールが発行されたあと大規模な地震が再び発生したため、目標額がさらに増える可能性があります。

NCCは特に目標額を定めずに献金を呼びかけています。期間は10月末ですが、緊急性を考慮し、近日中にACT へ第1回目の送金を行う予定です。
PDFをご覧の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

NCCが協力して緊急支援活動を行っているCWS JAPANからネパールの最新情報が出ていますので、ご覧ください。こちらから。

追記:6月2日、ACT から最終アピールが送られ、ACT加盟団体全体の募金目標額が決定しました。
14,750,709米ドル(約17億7千万円)です。

ネパール支援呼びかけ


« 1 (2) 3 4 5 ... 7 »