投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-19 11:22:45 (2180 ヒット)

長崎古町教会の藤井清邦牧師より、以下のようなご報告をいただきました。
 
東日本大震災から一年を迎えた2012年3月11日(日)、午後4時よりカトリック浦上教会(浦上天主堂)を会場にして、長崎キリスト教合同祈祷祭が行われ、1200名を超す会衆が集い共に祈りを捧げた。
主司式はカトリック長崎大司教区の高見三明大司教、説教は長崎キリスト教協議会の友納靖史牧師によってなされ、共同司式には40名近い司祭および牧師が加わった。当日は、列席した田上富久長崎市長によって「追悼と再生への言葉」が述べられ、本田路津子さんや、この日のために編成された合同聖歌隊によって賛美が捧げられた。
 
また、この礼拝のために市内外のミッションスクールや教会学校(保育園児から高校生まで)の1600名を超える子どもたちから、祈りの言葉や絵が寄せられた。それらの子どもたちの祈りの中から、以下の「長崎の子どもたちの祈り」がまとめられ、礼拝において子どもたちの代表6名によって祈りが捧げられ、集められたすべての子どもたちの祈りや絵と共に奉献された。
なお捧げられた献金は、カリタスジャパンおよび日本キリスト教協議会を通して東北ヘルプに捧げられることとなった。

◇東日本大震災一周年にあたり「長崎の子どもたちの祈り」
神さま 
わたしたちに光と勇気をお与えください
ぼくたち(わたしたち)とおなじくらいの子どもたちが、家族や友達をなくしました。将来をたのしみにしていた友達が亡くなっていきました。そして今も苦しみの中にいる人たちがたくさんいます。
神さますべての子どもたちに、そしてすべての人達に、笑顔と希望をお与えください。みんなが明るく元気に生きることができますように。
地震や津波、放射能の被害によって傷ついた、土地や海などの自然が癒され、故郷に戻っていくことが出来ますように。
わたしたちも、自然も、あなたによってつくられたものでることを忘れることのないようにしてください。
またわたしたちが、被災地のことや今も困難の中にある人々、そのために働く人々のことを思い起こし、助け合う心をもつことができますように。そしてあなたが教えてくださった愛をもって、行動することができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって アーメン
 
(報告)合同祈祷祭事務局 長崎古町教会牧師 藤井清邦
 
 
 
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-13 18:11:32 (1755 ヒット)

 

東日本大震災からちょうど1年経った3月11日(日)、カトリック麹町聖イグナチオ教会で「東日本大震災一周年にあたり追悼と再生を願う合同祈祷集会」(日本キリスト教協議会・カトリック中央協議会主催)が開かれました。

祈祷会に先立ち、大震災の発生した午後2時46分に全員で1分間の黙祷を捧げました。3時から岡田武夫カトリック大司教と輿石勇NCC議長・聖公会司祭の合同司式により祈祷会が始まり、カトリック、プロテスタントそれぞれの牧師、司教によって聖書朗読、答唱詩編、岡田武夫大司教の説教が行われました。

説教に引き続き、献金(奉献)、4名の信徒らによる共同祈願、さらにNCC、カトリック教会からの被災地支援活動報告がなされて、派遣の祝福とともに祈祷会は終了しました。

出席者は約1000名、席上献金は総額584.796円でした。この献金はNCCとカトリックで折半し、NCCは東北ヘルプに、カトリックはカリタスジャパンに支援金として送る予定です。

 

 


 
説教をする岡田武夫カトリック大司教


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-07 16:38:53 (1883 ヒット)
東日本大震災

ドイツ在住の渡部志乃さんが、東日本大震災1周年にあたる3月11日(日)、デュッセルドルフで昨年に引き続き、被災地支援のためのコンサートを開いてくださることになりました。コンサート会場での献金はNCCにお送りくださるとのお便りをくださいました。

渡部さんがお送りくださったコンサートのポスターをご紹介いたします。

心より感謝を申し上げ、ご報告いたします。
(画像はクリックで拡大)

 

チャリティーコンサート


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-06 17:13:57 (1800 ヒット)
東日本大震災

南西ドイツ宣教会(EMS: Evangelical Mission in Solidarity) から東日本大震災一周年にあたり、日本のために祈っているとのメッセージが送られてきました。お祈りと支援に感謝致します。

---------------------------------------------------

Dear friends in Japan,


Some of you might already have received our press release and our call for prayer for Japan. Since we feel very close to you in these days I want to send to all of you who are in my address book this personal note: we remember you and we pray with you!
The English version of the prayer you find
here:

Mit herzlichen Grüßen/ with warm regards from
Rev. Bernhard Dinkelaker and all the friends from the East Asia Mission

Lutz Drescher

------------------------------
----------------------------------------------------------------------
Verbindungsreferent Ostasien/Indien / Liaison Secretary East Asia/India
Geschäftsführer Deutsche Ostasienmission / Executive Secretary German East Asia Mission

EMS - Evangelische Mission in Solidarität e.V.
EMS - Evangelical Mission in Solidarity

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-01 10:30:25 (1482 ヒット)

 部落・人権問題の書籍『いばらの冠』が、新サイトになってからリンクが切れていましたが、復活しました。右の「メニュー<部落・人権問題」から入ってください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-25 10:06:21 (1940 ヒット)

 3月2日(金)開催予定の世界祈祷日開催地情報です。ダウンロードしてごらんください。
四国中央市の日本基督教団三島真光教会のみ11日(日)の開催となります。

世界祈祷日開催地情報


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-23 12:09:35 (1954 ヒット)
出版・刊行物

昨年末に発行いたしましたオイクメネー47号を、ダウンロードして御覧になれます。どうぞご利用ください。

 

オイクメネー47号

 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-17 10:09:11 (1697 ヒット)

 WCCが実施する2012年スチュワードプログラムの募集が行われています。
これは世界の若い人たちにエキュメニカル活動の体験をしてもらうためのユニークなプログラムで、来年、韓国プサンで開かれる総会の準備も兼ねたものです。

開催期間: 8月下旬〜9月上旬 (詳細未定)
場  所:ギリシャ・クレタ島。初めにスイス・ジュネーヴで研修。
年  齢:18歳〜30歳。
英  語:プログラムはすべて英語で行われるので、
ある程度の英語能力が必要とされます。
参 加 費:日本―ジュネーヴ間の旅費は自己負担
プログラム全体はWCCが負担
応募締切:2012年3月15日(WCC中央委員会に申込用紙必着)

興味のある方はNCCまでお問い合わせください。general@ncc-j.org


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-10 15:37:36 (1685 ヒット)
出版・刊行物

 「祈りの輪」2012年版の本文に一部変更・修正が出ましたので、お知らせいたします。下記のものが最終決定稿です。
当サイトのエキュメニカルカレンダーでは、これらの新しい文章に差し替えました。

 

6月3日(内容の削除・追加・変更)
◆NCC 部落差別問題委員会

教会が部落差別と向き会えますよう、主イエスのみ名によって祈りましょう。

1.委員会では人権文化セミナーを春と秋に実施し、 フィールドワークを通して関東の部落差別問題を学んでおります。部落差別を無くすためにお祈りください。

2.5月・10月の「狭山市民集会」に集い、44年間無実を求め歩む石川一雄さんの第3次再審請求が1日も早く実現するよう祈りましょう。

3.毎年8月 の「全国キリスト教主義学校人権教育セミナー」に参加し、キリスト教人権教育に取り組む方との出会いを広げましょう。

4. 「いばらの冠」が一人でも多くの人の手に届き、部落差別について、また様々な差別問題について知り・学び・考えるために用いられますよう に。

 

 

10月28日(字句の変更。下線部が変更箇所)

◆狭 山事件を覚えて

 196351日、 埼玉県狭山市で女子高生誘拐殺人事件が起こり、狭山市内の被差別部落が集中捜査され、石川一雄さんが逮捕されました。197410月、東京高裁寺尾裁判長が石川さんに無期懲役判決を下 し、最高裁で判決が確定しました。しかし冤罪であることを訴えつづけていた石川さんは、34年の獄中生活を経て、199412月に仮出獄となりました。その後、一貫して再審を求めつづけ今日に至っています。

 石 川さんの最高裁判決に対し、狭山弁護団は、事件の犯人が書いた脅迫状の筆跡と石川さんの筆跡は異なるという鑑定書を提出し、脅迫状の筆記 用具と石川さんが自白させられた筆記用具が異なる鑑定結果も出しました。

 石川 さんは、第3次再審請求を東京高裁に申し立て、2メート ルにもおよぶダンボール箱に隠された証拠を最高検に開示するよう求めてきましたが、2010513日東京高裁で行われた三者協議で、検察側から36点の証 拠が開示されました。「見えない手錠をはずす再審が開始される」まで、石川さんの闘いは続きます。本人の健康状態も心配です。1日もはやく無罪判決が出されることを祈り、ご支援ください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-08 16:13:05 (1510 ヒット)
出版・刊行物

NCCの英文ニュースレター、Japan Christian Activitiy News (JCAN) がまもなく発行されます。ひと足早く当サイトでダウンロードしてご覧いただけます。
なお、旧サイトではJCANのバックナンバーを見ることができましたが、リニューアル後、リンクが切れてしまいました。できるだけ早く復旧する予定でおります。今しばらくお待ちください。

JCAN #749JCAN #749


« 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 »