投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-06 17:29:59 (1739 ヒット)
ヘッドライン

2012年のエキュメニカルカレンダー、7月末までの分を当ホームページに掲載しました。お待たせし、申し訳ありませんでした。
8月以降はもう少々お待ちください。今月中に更新いたします。

また、年末に加盟教会・団体、関係団体にお送りしたエキュメニカルカレンダーですが、いくつかの誤植が見つかりました。そのひとつとして、日本YWCAが入っていませんでした。 11月第4週(25日) に入ります。
日本YWCA関係者の方々はじめ、皆さまにご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。
ただ今、訂正したカレンダーを製作中です。2月上旬には、別の印刷物と合わせて皆さまにお送りいたしますので、差し替えの上、ご利用くださいますよう、お願い申しあげます。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-11-30 13:22:34 (1679 ヒット)
要請・声明

 10月28日に平和・核問題委員会が発行しました「谷司教への手紙」の中で、一箇所訂正が生じました。

 
説明文の11、「福島とチェルノブイリの違いは?」
(誤)福島では1〜5号炉まで」→(正)「福島では1〜4号炉まで」
です。
 
現在、修正後のPDFが掲載されています(11月30日)。
すでに過去のPDFをプリントアウトされた方は、上記のようにご訂正いただければ幸いです。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-28 11:52:52 (2418 ヒット)
要請・声明

 NCC平和・核問題委員会から原発問題に関して、声明文と公開書簡を発行いたしました。

それぞれ、画像をクリックしてご覧ください。

anti-nuclear demand「新内閣に脱原発を求める声明」

「谷司教への手紙」


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-21 10:25:05 (1664 ヒット)
要請・声明

NCC 関係教会・団体の皆様、

日本は東日本大震災から半年を過ぎた今も多くの困難を抱えていますが、世界においてもさまざまな災害や危機が発生しています。

ケニアを含む「アフリカの角」と呼ばれる東北部の地域では4年連続の飢饉に見舞われ、ケニアだけで320万人以上が人道支援を必要としています。ACT (Action by Churches Together) は8月12日付で、加盟団体に総額987万米ドル(約7億5千万円)の緊急支援依頼を発信しました。
NCCでは、日本もまた困難な状況にあることを思いつつ、しかし私たちに今できることから世界の人々にわかちあいの精神を示していけることを願い、ACTからの要請にこたえて、緊急支援の呼びかけを行うことにいたしました。
どうぞ、ご協力をお願いいたします。
 
NCC緊急支援募金アピール
目標金額:特に定めません
募金期間:2012年2月29日まで
郵便振替:00180−4−75788
加入者名:日本キリスト教協議会
通信欄に「ケニア飢饉被災者支援」とご記入ください。
 
※この呼びかけは9月28日にFAXにて、関係団体に送信させていただきました。
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-26 11:35:28 (1690 ヒット)
ヘッドライン

既報のとおり、去る9月11日(日)に各地で「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」が行われましたが、長崎で行われた礼拝についての報告が届いておりますので、下に掲載いたします。

長崎では、11日(主日)午後2時半より、
カトリック中町教会において礼拝が行われ450名が参列しました。
震災発生時刻、中町教会の鐘を鳴らして全員で黙祷を捧げました。
お祈りはカトリック浦上教会、中町教会、滑石教会、日本キリスト教団長崎教会、平和記念教会の以上5教会より、
代表の信徒が担当いたしました。

捧げられました献金、34万648円をNCCあて送金させていただきました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-12 14:17:47 (1982 ヒット)
ヘッドライン



東日本大震災からちょうど半年になる9月11日(日)、日本基督教団下谷教会(東京・上野)でキリスト教超教派の集い「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」(主催:カトリック中央協議会・日本キリスト教協議会、協賛:日本福音同盟東日本大震災対策室)が行われました。

震災発生時刻の午後2時46分、鐘の音とともに礼拝が始まりました。各教派の司祭、牧師、司教の司式により祈祷・讃美が行われ、式の中ではカトリックNGOのカリタスジャパン、日本基督教団、支援センター・エマオの支援活動報告も行われました。

礼拝の中でささげられた献金、約15万5千円はNCCを通して被災地支援の東北ヘルプに送られます。出席者数、約180名。

この日、新潟、長崎など全国各地の教会でも同じ礼拝が行われました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-01 13:55:40 (1928 ヒット)
要請・声明

 NCC 平和・核問題委員会は、福島第一原発事故以後、初めての本格運転となる泊3号原発の運転再開について、停止を訴える声明を発表しました。




 ←ダウンロードしてごらんください。



 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-22 17:28:26 (2385 ヒット)
礼拝式文・祈祷式文


 9月11日(日)に開催される「3.11東日本大震災を心にとめ、死者への追悼・被災者への慰め・被災地の再生を求める礼拝」の式文が改訂されました。詳細の変更・決定などによる改訂です。


どうぞダウンロードしてご使用ください。(画像をクリック)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-01 16:48:20 (4364 ヒット)
ヘッドライン

NCCでは、韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館建設」募金を行うことになりました。
下記趣意書をお読みのうえ、ご協力くださいますようお願いいたします。
 

韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館建設」募金趣意書とお願い

議長 輿石 勇

今年は、韓国人被害者である故金学順(キム・ハクスン)ハルモニが日本軍「慰安婦」被害事実を公開証言し、日本の反人権的犯罪を暴露して20年となる年です。
故金学順ハルモニの証言後から、沈黙を破り名乗り出た多くの被害者とともに、日本軍「慰安婦」問題に対する日本政府の責任を問いただし、国際社会に告発することで、私たちは一連の成果と変化を引き出してきました。国連をはじめとした国際機構の勧告と各国議会の決議採択などを通じ、世界中がこの重大な女性暴力問題に注目し解決のために力を注いできました。


投稿者 : hiram 投稿日時: 2011-08-01 15:34:05 (2022 ヒット)
東日本大震災

  東日本大震災関連情報
 Information on Japan Crisis
東日本大震災の関連情報はJEDRO(エキュメニカル震災対策室)のホームページに移動しました。


« 1 ... 15 16 17 (18) 19 »