投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-10 15:37:36 (1556 ヒット)
出版・刊行物

 「祈りの輪」2012年版の本文に一部変更・修正が出ましたので、お知らせいたします。下記のものが最終決定稿です。
当サイトのエキュメニカルカレンダーでは、これらの新しい文章に差し替えました。

 

6月3日(内容の削除・追加・変更)
◆NCC 部落差別問題委員会

教会が部落差別と向き会えますよう、主イエスのみ名によって祈りましょう。

1.委員会では人権文化セミナーを春と秋に実施し、 フィールドワークを通して関東の部落差別問題を学んでおります。部落差別を無くすためにお祈りください。

2.5月・10月の「狭山市民集会」に集い、44年間無実を求め歩む石川一雄さんの第3次再審請求が1日も早く実現するよう祈りましょう。

3.毎年8月 の「全国キリスト教主義学校人権教育セミナー」に参加し、キリスト教人権教育に取り組む方との出会いを広げましょう。

4. 「いばらの冠」が一人でも多くの人の手に届き、部落差別について、また様々な差別問題について知り・学び・考えるために用いられますよう に。

 

 

10月28日(字句の変更。下線部が変更箇所)

◆狭 山事件を覚えて

 196351日、 埼玉県狭山市で女子高生誘拐殺人事件が起こり、狭山市内の被差別部落が集中捜査され、石川一雄さんが逮捕されました。197410月、東京高裁寺尾裁判長が石川さんに無期懲役判決を下 し、最高裁で判決が確定しました。しかし冤罪であることを訴えつづけていた石川さんは、34年の獄中生活を経て、199412月に仮出獄となりました。その後、一貫して再審を求めつづけ今日に至っています。

 石 川さんの最高裁判決に対し、狭山弁護団は、事件の犯人が書いた脅迫状の筆跡と石川さんの筆跡は異なるという鑑定書を提出し、脅迫状の筆記 用具と石川さんが自白させられた筆記用具が異なる鑑定結果も出しました。

 石川 さんは、第3次再審請求を東京高裁に申し立て、2メート ルにもおよぶダンボール箱に隠された証拠を最高検に開示するよう求めてきましたが、2010513日東京高裁で行われた三者協議で、検察側から36点の証 拠が開示されました。「見えない手錠をはずす再審が開始される」まで、石川さんの闘いは続きます。本人の健康状態も心配です。1日もはやく無罪判決が出されることを祈り、ご支援ください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-08 16:13:05 (1405 ヒット)
出版・刊行物

NCCの英文ニュースレター、Japan Christian Activitiy News (JCAN) がまもなく発行されます。ひと足早く当サイトでダウンロードしてご覧いただけます。
なお、旧サイトではJCANのバックナンバーを見ることができましたが、リニューアル後、リンクが切れてしまいました。できるだけ早く復旧する予定でおります。今しばらくお待ちください。

JCAN #749JCAN #749


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-08 14:02:21 (1613 ヒット)
ヘッドライン

 先日お送りしましたエキュメニカルカレンダー改訂版に誤字がありました。

10月28日「狭山事件を覚えて」の項目、「狭山」が「佐山」になっていました。たいへん申し訳ありませんでした。お詫び申し上げるとともに、訂正をさせていただきます。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-01 14:33:48 (1778 ヒット)
要請・声明

昨年(2011年)10月3日〜7日に沖縄で行われた9条アジア宗教者会議の声明文が出来上がりました。また、会議全体の声明文と同時に、現在韓国済州島で進められている軍事施設建設に反対する声明文も発表されました。日本語版、英語版の2種類があります。ダウンロードしてご覧ください。

3rdAriticle9第3回アジア宗教者会議声明文

3rdAriticle9Statement of the 3rd Asia Inter-religious Conference on Article 9

3rdAriticle9「済州島に平和を」声明文

3rdAriticle9Jeju Statement


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-01 10:59:21 (2817 ヒット)
礼拝式文・祈祷式文

 東日本大震災から一年を迎える2012年3月11日(日)、カトリック中央協議会と日本キリスト教協議会の共催で、「東日本大震災一周年にあたり追悼と再生を願う合同祈祷集会」を全国各地で開催することになりました。犠牲となったかたがたを偲び、慰めと希望、新しい勇気と知恵を求めて、ともに祈りたいと思います。各地で予定されている合同祈祷集会に、多くの方が参列して下さいますようお願いいたします。

 
東京では、3月11日(日)午後3時より、カトリック麹町聖イグナチオ教会(〒102-0083  東京都千代田区麹町6-5-1  四谷駅下車)にて、合同礼拝を行います。主司式と説教は日本カトリック司教協議会副会長の岡田武夫大司教、共同司式は日本キリスト教協議会の輿石勇議長です。
 
3月11日の合同祈祷集会のための式文をカトリック中央協議会と日本キリスト教協議会が作成し、共同発行しました。NCCでは加盟教会団体、関連団体にエキュメニカルカレンダー、「祈りの輪」と共に、式文を近日中に発送予定です。どうぞご利用ください。
 
式文は下の画像からもダウンロードできます。
製本された式文をご希望の方は無料で差し上げます(郵送料はご負担いただきます。ご了承ください)。NCCまでご連絡ください。
Email: general@ncc-j.org
TEL 03-3203-0372
 
311祈祷集会ポスター 311祈祷集会式文


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-25 14:13:36 (2201 ヒット)
ヘッドライン

 

長崎古町教会より、カトリック・プロテスタント合同「長崎キリスト教一致礼拝」の報告が届きました。

以下のとおりです。


◇ カトリック・プロテスタント合同『長崎キリスト教一致礼拝』のご報告

長崎では、21日(土)午後2時より、活水学院大チャペルにおいて礼拝が行われ450名が参列しました。長崎ではこれまで、二、三の教会が集まって一致週間の礼拝をおこなうということはあったようですが、今回のような大規模な礼拝は初めての開催でした。

昨年9月に行われた震災から半年の礼拝をカトリック・プロテスタント両教会が共に捧げたことが契機となり、今回は多くの教会から聖職者、信徒が集いました。 

主司式を長崎キリスト教協議会運営委員長の友納牧師が務め、説教をカトリック長崎大司教の高見三明大司教、ほか共同司式に26名の司祭・牧師が加わりました。 

3月11日には浦上天主堂を会場に地震から一年の礼拝を捧げるべく、準備を進めています。

簡単ではありますが、ご報告まで

長崎古町教会 牧師 藤井清邦


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-25 14:04:34 (1554 ヒット)
ヘッドライン

  1月22日(日)、午後2時より、新宿区大久保の日本福音ルーテル東京教会でキリスト教一致祈祷週間東京集会が開催されました。
輿石勇NCC議長の司式により開会し、会場近隣の牧師による共同の司式、聖書朗読などで会は進められ、会衆一同が讃美と祈りを合わせました。 
説教は、岡田武夫カトリック東京大司教。「一粒の麦」の題目で、東日本大震災、津波、原発事故にも触れ、主に従う生き方の大切さと意味が語られました。

 寒さの厳しい日曜の午後にもかかわらず、 プロテスタント教会14共同体、2団体、カトリック教会11共同体、3団体から 80余名の参加者を得て、実りのある会になりました。
礼拝の中で集められた献金44,418円は、カトリック東京ボランティアセンター(CTVC)を通して、今年は東日本大震災の災害支援のために捧げられます。
礼拝終了後、東京教会の大ホールで、茶話会が開かれました。礼拝に参加された諸教会諸団体が紹介され、また、礼拝中の献金が輿石勇NCC議長より、岡田大司教に手渡されました。

 

写真下、司式をする輿石勇NCC議長。右後方は岡田武夫カトリック東京大司教。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-11 17:03:21 (1861 ヒット)
ヘッドライン

 2012年のエキュメニカルカレンダーHP版を更新しました。
ご利用ください。

なお、6日にお知らせいたしましたように、印刷のカレンダーには誤植がありましたので、現在訂正版を製作中です。今しばらくお待ちください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-06 17:29:59 (1765 ヒット)
ヘッドライン

2012年のエキュメニカルカレンダー、7月末までの分を当ホームページに掲載しました。お待たせし、申し訳ありませんでした。
8月以降はもう少々お待ちください。今月中に更新いたします。

また、年末に加盟教会・団体、関係団体にお送りしたエキュメニカルカレンダーですが、いくつかの誤植が見つかりました。そのひとつとして、日本YWCAが入っていませんでした。 11月第4週(25日) に入ります。
日本YWCA関係者の方々はじめ、皆さまにご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。
ただ今、訂正したカレンダーを製作中です。2月上旬には、別の印刷物と合わせて皆さまにお送りいたしますので、差し替えの上、ご利用くださいますよう、お願い申しあげます。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-11-30 13:22:34 (1702 ヒット)
要請・声明

 10月28日に平和・核問題委員会が発行しました「谷司教への手紙」の中で、一箇所訂正が生じました。

 
説明文の11、「福島とチェルノブイリの違いは?」
(誤)福島では1〜5号炉まで」→(正)「福島では1〜4号炉まで」
です。
 
現在、修正後のPDFが掲載されています(11月30日)。
すでに過去のPDFをプリントアウトされた方は、上記のようにご訂正いただければ幸いです。


« 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 »