投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-07-26 14:28:54 (2480 ヒット)
要請・声明

 今年に入って、在日の外国人に対するヘイトスピーチが拡大しています。日本キリスト教協議会はこれを深く憂慮し、情勢を見守ってきましたが、鎮まる気配がなく、社会の不安は増大しています。このたびNCC常議員会は、この現状に対し、正式に抗議声明を発表することにいたしました。

PDFをダウンロードしてご利用ください。

ヘイトスピーチへの抗議声明


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-07-17 12:21:16 (1122 ヒット)

 去る6月3日から6日まで、香港でWCC(世界教会協議会)CCA(アジアキリスト教協議会)主催による「アジアの人間安全保障における課題と北東アジアにおける正義を伴う持続可能な平和に関する国際会議」が開かれました。参加者は47名。NCCからは、網中彰子総幹事が参加しました。

この会議は10月に開かれるWCC総会の準備の一つとして行われたもので、総会の主題「いのちの神よ、わたしたちを正義と平和へと導いてください」の考察、朝鮮半島に焦点を当てた北東アジアにおける正義と平和の実現にむけての取り組み、また持続可能な平和のための人間安全保障を神学的に理解する学びや協議が行われました。

朝鮮半島の情勢を理解しエキュメニカルな対応の方向を明確化することはWCC総会における議題の一つでもありますが、会議の最終日に協議を総括した共同宣言が出されました。

PDFを下からダウンロードしてごらんください。

英語の原文はこちらに掲載されています。

「アジアにおける人間の安全保障に関する共同宣言」


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-07-03 11:25:42 (1277 ヒット)
要請・声明

憲法や原子力をどうとらえ取り組んでいくか、今、日本は非常に重要な局面を迎えています。NCC平和・核問題委員会は、この二つの問題に関する見解をまとめました。

日本が正しい未来を選択するために、私たち一人一人がもう一度、真剣にこの問題を考え行動していく必要があります。この文書がそのための一助となれば幸いです。

追記:英語版は一部訂正があり、8月7日改訂版を発行しました。

日本語版「私たちの姿勢」

英語版 "Our Posture"改訂版


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-06-12 17:24:50 (1999 ヒット)
ヘッドライン

世界教会協議会(WCC)の第10回総会が今年の10月30日から11月8日、韓国釜山で開催されます。

これに関して参加方法などのお問い合わせを時折いただきますが、NCCはこの総会の運営に参画しておりませんので、直接WCC にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

ホームページの関連URL は

 http://wcc2013.info/en


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-05-10 11:35:34 (1540 ヒット)
出版・刊行物

昨年12月に政権に返り咲いた自民党による改憲の動きが急です。今こそ 私たちは真剣に平和憲法を守っていかなくてはいけません。そのために、憲法とは何かをすべての国民が正しく理解する必要があります。特に若い世代にその意義を伝えることが大切です。

昨年3月、NCC平和憲法推進プロジェクト委員会は、子どもたち向けに平和憲法の大切さをわかりやすく解説した小冊子『たいせつにしたいもの平和憲法第9条』(B6判、12ページ、カラー版)を発行しました。特に戦争放棄をうたった第9条の意義を説いています。
すでに多くの教会やNCC関連団体にお送りして活用いただいていますが、この時期にさらにご利用いただければと願っています。
20部500円、50部1000円(いずれも送料込みの実費)

ご注文はNCC事務所(general@ncc-j.org)へどうぞ。

委員会はこの冊子発行を最後に解散しましたが、冊子に関するお問い合わせは下記の方々へお願いいたします。
小河義伸 kitayon@dream.ocn.ne.jp 
栗原 茂 s-kurihara@jelc.or.jp

 


 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-04-17 15:55:10 (1560 ヒット)
ヘッドライン

 日本キリスト教婦人嬌風会主催による、DV(ドメスティックバイオレンス)・性暴力に関する研修会・シンポジウムが各2回ずつ、計4回開催されます。

詳しくは下の画像をダウンロードしてご覧ください。お問い合わせは嬌風会へ。

 

  


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-04-11 16:19:20 (1652 ヒット)

 核・平和問題委員会主催の講演会「大丈夫か、日本!」が6月22日(土)東京都文京区区民センターで開催されます。

案内をダウンロードしてご利用ください。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-22 10:28:13 (1131 ヒット)

 5月18日(土)、NCC在日外国人人権の委員会主催の公開セミナー「『多民族・多文化の共生』を考える―外国人被災者支援活動から見えてきたもの―」が開催されます。

 

案内は下からダウンロードしてご利用ください。
※クリスチャンアカデミーが4月より財団法人から公益法人に変わりました。それに伴い、案内のチラシを差し替えましたので、最新のデータをご利用ください。4月3日

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-22 10:08:02 (1470 ヒット)
東日本大震災

 ドイツのEMS (Evangelical Mission in Solidarity、南西ドイツ宣教会) から、東日本大震災被災地支援のためにエキュメニカル・コワーカーとして、サビーネ・クルーガーさんが3月1日に来日しました。

サビーネさんはパストラルケアおよび看護師の資格を持つ牧師で、この春から3年の契約でドイツ語での広報・通訳などの活動を行っていきます。大震災発生直後から多大な支援を続けてくださるドイツの教会と日本の教会の架け橋の役割も期待されます。

サビーネさんのブログをリンクしましたので(ドイツ語)、お読みください。トップページの上にバナーがあります。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-12 15:16:33 (2110 ヒット)

 31()午後1時半より、2013年世界祈祷日東京地区集会が日本基督教団富士見町教会で開かれた。フランスの女性が起草した式文の今年のテーマは、「私が旅人だった時、あなたはあたたかく迎えてくれた」。

 メッセージは久米あつみさん。(西東京教区井草教会員。フランス文学者でカルヴァン研究家。元東京女子大学・帝京大学教授。ひこばえ幼稚園主事) 

 東日本大震災から2年が経とうとしているが、3.11直後、バスチーユでは超教派の祈祷会が持たれ、海外の友人たちが祈ってくれていることに、「隣り人」に対する愛を感じたと話された。また、私たちは「隣人を愛す」というとき、範囲を狭めてはいないかと問いかけられた。

 東京地区集会の参加者は280名。

NCC女性委員会 北村恵子


« 1 ... 14 15 16 (17) 18 19 20 ... 22 »