JEDRO
JCAN
ems
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-06-03 13:44:19 (136 ヒット)

 東京YWCAからイベント案内です。

イベント名:上映会「何を怖れる〜フェミニズムを生きた女たち」

日時:2015年8月1日(土)10:30 14:30 18:30

場所: ↓東京YWCA会館(JR御茶ノ水駅下車徒歩4分)

    E豕YWCA武蔵野センター(JR三鷹駅北口徒歩3分)

参加費:500円 各部とも定員になり次第締め切ります。

ご招待:10代、20代の方を100名様ご招待いたします。詳細はPDF参照。

上映会チラシ表

上映会チラシ裏


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-05-20 14:40:31 (151 ヒット)
ヘッドライン

 4月27日に開始したネパール大地震被災地支援の呼びかけを、今月15日(金)にFAXでも開始しました。

ACT Alliance は、5月1日に募金総額を明記した予備献金依頼書(Preliminary Appeal)を送ってきました。目標総額は12,817,453米ドル(約14億円)ですが、アピールが発行されたあと大規模な地震が再び発生したため、目標額がさらに増える可能性があります。

NCCは特に目標額を定めずに献金を呼びかけています。期間は10月末ですが、緊急性を考慮し、近日中にACT へ第1回目の送金を行う予定です。
PDFをご覧の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

NCCが協力して緊急支援活動を行っているCWS JAPANからネパールの最新情報が出ていますので、ご覧ください。こちらから。

追記:6月2日、ACT から最終アピールが送られ、ACT加盟団体全体の募金目標額が決定しました。
14,750,709米ドル(約17億7千万円)です。

ネパール支援呼びかけ


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-05-01 17:03:02 (152 ヒット)
ヘッドライン

NCCドイツ教会関係委員会は、2016年の日独教会協議会に向けて準備を進めていますが、開催まで一年を切りました。この期間に準備講演会を2度開催する予定です。第一回目の詳細が決定しましたので、掲載の案内をご覧の上、どうぞふるってご参加ください。

公開セミナー「いま、宗教改革を生きる­―耳を傾け共に歩む―」


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-27 17:30:39 (372 ヒット)
ヘッドライン

皆様すでに多くのニュースでご承知のように、4月25日、ネパールでM7.8の大地震が発生し、カトマンズを中心に甚大な被害を及ぼしました。被害はインドや中国、エベレスト山にも広がっています。死者数はすでに3200人を超え、さらに増える見込みです。建物の崩壊も広範囲に及び、医療や避難施設の不足など、危機的状況が続いています。

NCCが加盟する救援団体ACT アライアンスはすでにネパール大地震に関する緊急報告を発信しましたが、募金総額を含めた具体的なアピール作成には時間がかかる見込みです。NCCは、被害の大きさと緊急性に鑑み、ACTのアピールに先がけて献金の呼びかけを行うことにいたしました。

集められた献金は、これまでと同じくACT アライアンスに送金し、支援活動に用いられます。今、困難な状況にある被災地の人々のために、どうぞご協力をお願いいたします。
呼びかけに関する記事は、ACT のアピール発信などにあわせて更新していきます。

募金期間:2015年10月31日まで
郵便振替:00180—4—75788
加入者名:日本キリスト教協議会
通信欄に「ネパール大地震被災者支援」とご記入ください。


4/28更新 
NCCがご協力いただいているCWS(クリスチャン・ワールド・サービス)から、ネパール大地震の被害情報が出ています。
下記をクリックしてご覧ください。

CWSネパール大地震速報


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-08 16:22:32 (213 ヒット)

 東京YWCA より「聖書を学ぶ連続講座」のご案内です。

講座名:新しい視点で聖書を学ぶ連続講座〜フェミニスト神学にふれる〜(全6回)
日時:2015年5月19日(火)18:30〜20:00から開始
場所:東京YWCA会館(JR御茶ノ水駅下車徒歩4分)
講師:山口里子(日本フェミニスト神学宣教センター共同ディレクター)
参加費:9,000円(全6回分)1階の参加費1,700円

詳しくはPDFをダウンロードしてご覧ください。

YWCA 連続講座の案内


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-01 14:20:36 (241 ヒット)
わかちあい

NCC関係教会・団体の皆様 
皆様すでにご承知のように、3月13日、南太平洋のバヌアツ共和国がサイクロンにより甚大な災害を受けました。タンナ島を中心に、死者は20日段階で17人にのぼり、家屋やプランテーションの崩壊、食糧不足など深刻な状況が続いており、全容の判明までになお1週間ほどかかる見込みです。

NCCでは、被災者が一日も早くこの困難な状況を脱し元の生活に戻ることができるよう祈りつつ、支援の呼びかけを決定いたしました。

NCCとしての募金目標額は特に定めません。ご協力をお願いいたします。 

NCC緊急支援募金アピール

ACTから加盟団体への依頼総額:
   638,302米ドル(約7千600万円)

募金期間:2015年9月30日まで
郵便振替:00180475788
加入者名:日本キリスト教協議会
通信欄に「バヌアツサイクロン被災者支援」とご記入ください。

PDFをダウンロードしてご覧ください。

バヌアツ支援献金のお願い


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-01 14:05:25 (266 ヒット)
ヘッドライン

323日(月)24日(火)の2日間にわたって、NCC39回総会が港区の日本基督教団霊南坂教会を会場に開かれました。

1.震災対策室の終了
エキュメニカル震災対策室
JEDROの終了が報告され、承認を得ました。震災対策室は2011年の東日本大震災発生後に国内外からの支援の窓口として発足し、さまざまなプロジェクトを支援してきましたが、3年を経過して、献金がほぼなくなったことを受け、発展的解消をするに至りました。東日本大震災被災地の復興はまだ道半ばであり、また海外への被災地支援もこれまでどおり必要とされる現在、NCCACT Alliance アクト・アライアンスとの協力を基本に、より発展的効果的な方法をさぐりながら活動を続けていきます。 

2.新役員の選任
39総会期では、小橋孝一議長、渡部信副議長、網中彰子総幹事が引き続いて同職に選任され、また新たに次の3名の方々が選任されました。

副議長:矢萩新一(やはぎ・しんいち)氏(日本聖公会)
書記:金迅野(きむ・しんや)氏(在日大韓基督教会)

伊藤剛士(いとう・ごうし)氏(日本YMCA同盟)

3.予算大綱
予算大綱の議案では、キリスト教会館の耐震改修工事に関する質問が出ましたが、会館の工事予算がいまだ流動的であることなどの理由で、現段階では予算には計上しないことが説明されました。

4.新総会期のテーマ

39総会期のテーマは「十字架の主の御言葉に聴き従いつつ、共に進む」(マタイによる福音書1624節)で、以下の7項目が柱となっています。

1)共に伝道する
2)社会の中で共に証しする

3)広く世界の友と連携する

4)NCC創立70年に向けて、日本宣教会議・シンポジウムを開催する(2016年)

5)宗教改革500周年記念事業を推進する(2017年)

6)各委員会活動をさらに充実し、それぞれ担っている課題を推進する

7)「部」の見直し・規約の改正、寄付・賛同金の拡充、活動の発信など機構・財政の改革を進める。
 

NCCはすでに第37総会期から人事・財政において厳しい状況に置かれていますが、世界や日本の情勢を顧みるとき、その働きの重要性は増しています。皆さまのご協力と祈りに支えられつつ、新しい総会期を歩んでいきたいと思います。

 左3名が新しく選任された役員


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-02-10 10:49:37 (499 ヒット)
ヘッドライン

世界祈祷日の開催がいよいよ今週になりました。6日、7日に全国61箇所で行われます。いずれの開催地でも祈りが合わされ、主の御心が地上において実現しますように。
開催地一覧の最新版ができました(3月2日)。ダウンロードしてご使用ください。

世界祈祷日開催地一覧 第3版 3月2日更新


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-28 13:59:30 (989 ヒット)
ヘッドライン

九条世界宗教者会議は1月26日付でオラフ・トヴェイトWCC総幹事による声明文世界教会協議会より日本国憲法第九条に関しての見解」(原題:A comment on Article 9 of Japanese Peace Constitution from World Council of Churches)を、安倍首相あてに送付しました。

原文(英語)と和訳のPDFをダウンロードして、ご活用ください。小橋NCC議長による送付状も併せて掲載します。

A Comment on Article 6 (English)

憲法第九条に関しての見解(上記ファイルの和訳)

NCC議長からの送付状


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-21 14:43:05 (465 ヒット)

キリスト教一致祈祷週間が始まった1月18日(日)、東京のカトリック神田教会での東京集会が行われました。テーマは「イエスは『水を飲ませてください』と言われた。ヨハネによる福音書4:7」。

午後230分、小橋孝一NCC議長と幸田和生カトリック補佐司教両氏の司式により礼拝が始まりました。讃美歌、典礼聖歌などが歌われたあと、聖書のヨハネによる福音書4142が朗読され、イエズス会のマヌエル・エルナンデス修道士がメッセージをくださいました。

「キリスト教が一致するためには会話が大切です」という題の説教の中で、エルナンデス修道士は「すべての人が伝道しなければならない。私たちは教会へ来ても、自分の祈りが終わったら満足して、あとは知らん顔をしている。それは伝道者ではありません。キリストを信じる人を育まなければいけません」と語り、「互いに愛し合いなさい」とのイエスのみ言葉を実践することを呼びかけました。

この日の献金は、取り上げられた聖書の話「サマリアの女」に合わせて、困難の中にある女性たち、とくに薬物依存の女性のためのセンター、また福島から首都圏に避難している母子家庭の支援にあたっている団体のためにささげられました。

参加者はカトリックから49人、プロテスタントから25人、計74人でした。礼拝の後、懇親会が開かれ、430分に解散しました。

  カトリック神田教会の礼拝堂

 

 右から幸田和生補佐司教、小橋孝一NCC議長、マヌエル・エルナンデス修道士

 

 メッセージを伝えるエルナンデス修道士

 


(1) 2 3 4 ... 12 »