JEDRO
JCAN
ems
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-08 16:22:32 (37 ヒット)

 東京YWCA より「聖書を学ぶ連続講座」のご案内です。

講座名:新しい視点で聖書を学ぶ連続講座〜フェミニスト神学にふれる〜(全6回)
日時:2015年5月19日(火)18:30〜20:00から開始
場所:東京YWCA会館(JR御茶ノ水駅下車徒歩4分)
講師:山口里子(日本フェミニスト神学宣教センター共同ディレクター)
参加費:9,000円(全6回分)1階の参加費1,700円

詳しくはPDFをダウンロードしてご覧ください。

YWCA 連続講座の案内


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-01 14:20:36 (51 ヒット)
わかちあい

NCC関係教会・団体の皆様 
皆様すでにご承知のように、3月13日、南太平洋のバヌアツ共和国がサイクロンにより甚大な災害を受けました。タンナ島を中心に、死者は20日段階で17人にのぼり、家屋やプランテーションの崩壊、食糧不足など深刻な状況が続いており、全容の判明までになお1週間ほどかかる見込みです。

NCCでは、被災者が一日も早くこの困難な状況を脱し元の生活に戻ることができるよう祈りつつ、支援の呼びかけを決定いたしました。

NCCとしての募金目標額は特に定めません。ご協力をお願いいたします。 

NCC緊急支援募金アピール

ACTから加盟団体への依頼総額:
   638,302米ドル(約7千600万円)

募金期間:2015年9月30日まで
郵便振替:00180475788
加入者名:日本キリスト教協議会
通信欄に「バヌアツサイクロン被災者支援」とご記入ください。

PDFをダウンロードしてご覧ください。

バヌアツ支援献金のお願い


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-04-01 14:05:25 (64 ヒット)
ヘッドライン

323日(月)24日(火)の2日間にわたって、NCC39回総会が港区の日本基督教団霊南坂教会を会場に開かれました。

1.震災対策室の終了
エキュメニカル震災対策室
JEDROの終了が報告され、承認を得ました。震災対策室は2011年の東日本大震災発生後に国内外からの支援の窓口として発足し、さまざまなプロジェクトを支援してきましたが、3年を経過して、献金がほぼなくなったことを受け、発展的解消をするに至りました。東日本大震災被災地の復興はまだ道半ばであり、また海外への被災地支援もこれまでどおり必要とされる現在、NCCACT Alliance アクト・アライアンスとの協力を基本に、より発展的効果的な方法をさぐりながら活動を続けていきます。 

2.新役員の選任
39総会期では、小橋孝一議長、渡部信副議長、網中彰子総幹事が引き続いて同職に選任され、また新たに次の3名の方々が選任されました。

副議長:矢萩新一(やはぎ・しんいち)氏(日本聖公会)
書記:金迅野(きむ・しんや)氏(在日大韓基督教会)

伊藤剛士(いとう・ごうし)氏(日本YMCA同盟)

3.予算大綱
予算大綱の議案では、キリスト教会館の耐震改修工事に関する質問が出ましたが、会館の工事予算がいまだ流動的であることなどの理由で、現段階では予算には計上しないことが説明されました。

4.新総会期のテーマ

39総会期のテーマは「十字架の主の御言葉に聴き従いつつ、共に進む」(マタイによる福音書1624節)で、以下の7項目が柱となっています。

1)共に伝道する
2)社会の中で共に証しする

3)広く世界の友と連携する

4)NCC創立70年に向けて、日本宣教会議・シンポジウムを開催する(2016年)

5)宗教改革500周年記念事業を推進する(2017年)

6)各委員会活動をさらに充実し、それぞれ担っている課題を推進する

7)「部」の見直し・規約の改正、寄付・賛同金の拡充、活動の発信など機構・財政の改革を進める。
 

NCCはすでに第37総会期から人事・財政において厳しい状況に置かれていますが、世界や日本の情勢を顧みるとき、その働きの重要性は増しています。皆さまのご協力と祈りに支えられつつ、新しい総会期を歩んでいきたいと思います。

 左3名が新しく選任された役員


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-02-10 10:49:37 (320 ヒット)
ヘッドライン

世界祈祷日の開催がいよいよ今週になりました。6日、7日に全国61箇所で行われます。いずれの開催地でも祈りが合わされ、主の御心が地上において実現しますように。
開催地一覧の最新版ができました(3月2日)。ダウンロードしてご使用ください。

世界祈祷日開催地一覧 第3版 3月2日更新


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-28 13:59:30 (779 ヒット)
ヘッドライン

九条世界宗教者会議は1月26日付でオラフ・トヴェイトWCC総幹事による声明文世界教会協議会より日本国憲法第九条に関しての見解」(原題:A comment on Article 9 of Japanese Peace Constitution from World Council of Churches)を、安倍首相あてに送付しました。

原文(英語)と和訳のPDFをダウンロードして、ご活用ください。小橋NCC議長による送付状も併せて掲載します。

A Comment on Article 6 (English)

憲法第九条に関しての見解(上記ファイルの和訳)

NCC議長からの送付状


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-21 14:43:05 (286 ヒット)

キリスト教一致祈祷週間が始まった1月18日(日)、東京のカトリック神田教会での東京集会が行われました。テーマは「イエスは『水を飲ませてください』と言われた。ヨハネによる福音書4:7」。

午後230分、小橋孝一NCC議長と幸田和生カトリック補佐司教両氏の司式により礼拝が始まりました。讃美歌、典礼聖歌などが歌われたあと、聖書のヨハネによる福音書4142が朗読され、イエズス会のマヌエル・エルナンデス修道士がメッセージをくださいました。

「キリスト教が一致するためには会話が大切です」という題の説教の中で、エルナンデス修道士は「すべての人が伝道しなければならない。私たちは教会へ来ても、自分の祈りが終わったら満足して、あとは知らん顔をしている。それは伝道者ではありません。キリストを信じる人を育まなければいけません」と語り、「互いに愛し合いなさい」とのイエスのみ言葉を実践することを呼びかけました。

この日の献金は、取り上げられた聖書の話「サマリアの女」に合わせて、困難の中にある女性たち、とくに薬物依存の女性のためのセンター、また福島から首都圏に避難している母子家庭の支援にあたっている団体のためにささげられました。

参加者はカトリックから49人、プロテスタントから25人、計74人でした。礼拝の後、懇親会が開かれ、430分に解散しました。

  カトリック神田教会の礼拝堂

 

 右から幸田和生補佐司教、小橋孝一NCC議長、マヌエル・エルナンデス修道士

 

 メッセージを伝えるエルナンデス修道士

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-07 15:10:36 (286 ヒット)
ヘッドライン

主の年2015年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年3月末、NCCは第38総会期を終えます。東日本大震災後、数々の課題を背負っての3年間でしたが、主の守りと皆様のお支えによって活動を続けてこられましたことを感謝いたします。今、私たちは総会に向けての準備を進めています。
次の総会期もまた主のみことばが世に広められ、平和が実現しますよう祈りつつ、託されたわざを行ってまいります。引き続きご協力とお祈りをお願いいたします。
 
NCC総幹事 網中彰子


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-01-07 11:59:45 (168 ヒット)

 カトリック中央協議会と合同で毎年開催しているキリスト教一致祈祷週間が今年も1月18日(日)から25日(日)まで行われます。

各地の集会予定および東京集会の案内を掲載しますので、ダウンロードしてご利用ください。
※1開催地一覧表が更新されていますので、最新のものをご利用ください。

※2山梨県教会の集会案内をいただきましたので、掲載いたします。こちらもご覧ください。
 

 一致祈祷週間集会開催地のお知らせ(1月13日更新)

 一致祈祷週間東京集会案内

 山梨県集会案内1

 山梨県集会案内2

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-12-25 20:34:17 (197 ヒット)
ヘッドライン

クリスマスおめでとうございます!
東日本大震災に苦しむ人たち、また世界中の戦争、自然災害、飢餓などで弱く小さくされた人たちを覚えて。

クリスマスの恵みがそれらの人たちの心を希望と力で満たしてくださいますように。

Merry Christmas to each of our ecumenical friends from NCCJ!
Remember those who are suffering from the Great East Japan Earthquake in 2011, those who were made weak and humiliated by war, natural disasters, famine throughout the world.
We pray that the blessings of Christmas fill their hearts with hope and strength.



投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-12-20 13:14:05 (222 ヒット)
ヘッドライン

 東日本大震災被災地支援などでNCCが協力をいただいている国際NGO のCWS (Church World Service) JAPAN が、エボラ出血熱拡大を防止するための支援呼びかけを行っています。
CWS Japan はNCCと共にACT (action by Churches Together) Alliance のメンバーで、災害支援などの活動に携わっています。

今年急速に拡大したエボラ出血熱の被害は、アフリカのみならず世界に広がろうとしています。収束までに今後かなりの時間と人的物的支援を必要としています。
下記PDFをご覧の上、ぜひご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

 


(1) 2 3 4 ... 12 »