「神の息」に生かされる(創世記2章7節)

                  矢萩 新一 NCC副議長
 
「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」(創世記2:7)
 ある方に「最近、聖霊充満してる?」と問われたことがありました。半分冗談の挨拶の言葉だったと思うのですが、私たちの教会への問いでもあるように感じました。神さまの息によって生きる者とされている私たちですが、そのことを忘れ、自分の力だけで生きているように勘違いしてしまいます。心の電池というものがあるとするならば、その充電場所が私たちにとっては教会です。私たちの教会は、すべての人が神さまに愛されて生かされている存在として、安心して繋がり合うことのできる居場所となっているでしょうか。聖霊を充填して再び遣わされていく拠点となっているでしょうか。
教会の誕生日とされるペンテコステ・聖霊降臨日を迎えた私たちは、「皆一つの体となるために洗礼を受け、皆一つの霊をのませてもらった」(汽灰12:13)者として、日曜日毎に集まってみ言葉に聴き、キリストの体につながっていることを再確認して、神さまの息である聖霊によって押し出され、それぞれの賜物を活かし合いながら、「父と子と聖霊のみ名によって」祝福を受けて社会へと派遣されます。
人と人とをつなぎ合わせる聖霊の働きに身をゆだねて帆を張り、互いの違いを認め合いながら変化を恐れずに、世の海原へと漕ぎ出していく者であり続けたいと思います。
 

最新ニュース
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-07-12 15:08:12 (319 ヒット)

NCC部落差別問題委員会は2017年8月28日(月)と29日(火)の両日、例年行なっております「芝浦と場見学」を東京・品川駅近くの芝浦と場・お肉の情報館で実施します。奮ってご参加ください。

詳細はPDFをご覧ください。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-06-28 15:02:41 (562 ヒット)
ヘッドライン

大津健一(おおつけんいち)アジア学院理事長が去る6月22日(木)、栃木県那須赤十字病院で急性白血病のために死去されました。73歳でした。

大津先生は1943年、大阪生まれ。同志社大学大学院神学研究科、太平洋神学校(米国)修了。日本基督教団倉敷教会伝道師を経て、アジアキリスト教協議会(CCA)「開発と奉仕」部門の所長を8年間(1986〜94)、また日本キリスト教協議会総幹事を3期9年間(1994年〜2000年3月)務められました。他にも世界教会協議会(WCC)で教会国際情勢委員会委員、日本クリスチャンアカデミー関東活動センター所長、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会広報委員長などを歴任されました。アジア学院ではアジア農村指導者養成専門学校の校長(2009年〜14年)の後、12年6月から理事長を務めていらっしゃいました。
アジア学院では9月にお別れの会を開く予定です。
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-06-14 11:24:27 (350 ヒット)
出版・刊行物

 「障害者」と教会問題委員会ニュースレター64号が発行されました。関係者の皆様にはすでに郵送いたしましたが、PDFを掲載いたしますので、こちらでもご覧いただけます。

ニュースレター64号


    更新履歴
    JCAN
    JCAN
    お知らせ
    Technical Problems
    2011-8-3
    [ja]リニューアル後、記事を掲載し、さまざまな部分で改良に努めておりますが、画像が表示されなかったり、リンクされていなかったりするなどの技術上の問題が生じております。申し訳ございません。なるべく速やかに解決してまいります。
    Since the renewal, we have been making the site better by updating articles or improving contents. However, some technical problems are occurring such as failures of images or links.
    We are trying to solve these problems.
    サイト内検索
    アクセスカウンタ
    今日 : 1313
    昨日 : 222222222
    総計 : 366922366922366922366922366922366922